衝撃! サルカン結びのハーフヒッチ補強は交互の方が断然強度が強い!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

サルカン結びのハーフヒッチは交互と一方向どちらが強いのか!?

おはようございます、しょうへいです。

先日、FGノット改の強度テストを行いました。

【FGノット改の強度テスト】マジか!ハーフヒッチを変えただけで強度アップ!?

FGノットの締め込み後のハーフヒッチを交互ではなく、単一方向にするだけで6%強度がアップしました。

では、サルカン結びのハーフヒッチ補強も、単一方向にすることで強さに差が出るのでしょうか・・・?

気になったのでいろいろ実験してみました!!

ハーフヒッチはどうしたら強くなるのか!?

wp-1533796958457..jpg

まずは興味本位である対決を行いました。

ダブルニットノットをハーフヒッチで補強して、片方は交互(上下)のハーフヒッチ。片方は単一(上からのみ)のハーフヒッチの強度対決です。

使ったラインはフロロ8号。ハーフヒッチの回数はどちらとも6回です。

wp-1533796959497..jpg

こんな感じで、メタルジグ2つにそれぞれのノットで結び、引っ張って対決します。

対決は3回行いましたが、3回とも交互のハーフヒッチが勝ちました。

アレ!?FGノットのときとは結果が逆です(驚)

さて、ここまで実験して会長にLineを送った所、

「昔、同じような実験してたよ〜」

と返事が来ました。。。。

ん?

交互に結ばないハーフヒッチ「一方向ハーフヒッチ」は強度は落ちるのか!?

たくさん記事を書いたのですっかり忘れていました(笑)。

この実験ではどちらもあまり強度に差がありませんでした。イモムシノット(8回)ではどちらも100%の強度が出ていて、差がでなかったようです。

しかし、今回はイモムシノットではなく、ダブルニットノット+ハーフヒッチ6回で差がでました。

もしかして回数を落とすと差が出てくるのではないでしょうか!?

こうなったら、ちゃんと測定して数値化したいと思います。

IMG_20180809_3970.jpg

純粋にハーフヒッチだけの強度が知りたいので、以前やってみた「ハーフヒッチだけノット」で強度テストしてみることにします。

「ハーフヒッチ」は強度に影響するのか① ハーフヒッチだけノットの結束強度

いきなりサルカンにハーフヒッチだけで結ぶノットで、8回(4回ずつ交互に)ハーフヒッチをしてみたところ97%耐力がありました。

ラインはフロロカーボン8号30lbを使い、メタルジグにつけたソリッドリングに結び付けます。

交互のハーフヒッチと、単一のハーフヒッチ、2回づつ回数を変えて強度をだしてみたいと思います。

交互?単一!?結果はどっちが!?

3回づつテストしました。

ここでいう、回数は結んだ回数とします。

例えば6回なら交互は上3回下3回、単一なら上6回です。

回数 交互 kg 単一 kg
6 10(74%) 8.5(63%)
6 10.25(75%) 8(59%)
6 10(74%) 8.5(63%)
8 13(96%) 9.5(70%)
8 13(96%) 10(74%)
8 13.5(99%) 9.5(70%)
10 13.5(99%) 10.5(77%)
10 13.5(99%) 10.5(77%)
10 13.25(97%) 10.75(79%)

やはり交互の方が強く、数値に差が出ました。

ハーフヒッチだけノットにおいては、交互に合計8回結べば100%近くの強度に到達します。

しかし、単一の結びでは10回結んでも80%に満たない数値になりました。

FGノットの補強とは逆の結果です。

以前やったイモムシノット8回ではどちらも100%の強度が出る結び方だったので差がでなかったようです。

実際に引っ張っているときも単一のほうのノットは引っ張るときにズレが生じるのが感じられました。

この違いはなんなのでしょうか!?

wp-1533796959524..jpg

PEラインでFGノットをハーフヒッチ補強したものを、ルーペで拡大してみました。

交互のときは結び目と結び目が隣接し、山同士がぶつかるのでほんのわずかな隙間が生じるのではないでしょうか?

単一のハーフヒッチは結び目が螺旋状に並びます。

結び目の山がぶつからないので目が詰っているようにも見えます。

wp-1533796958444..jpg

フロロカーボンはうーん・・・透明なのでよくわかりません。

ただ、交互のハーフヒットは綺麗に結び目が並んでいるのがわかりますが、単一のハーフヒッチはちょっとぐにゃぐにゃしています。

IMG_20180809_3792.jpg

切れた時の様子も、交互のハーフヒッチは綺麗に結び目が残りますが、単一のハーフヒッチはくしゃくしゃっとパーマが掛かったようになります。

PEラインと比べてラインが太くて硬いので、綺麗に結び目が並ばず、ラインに対して負荷が均一にかからずストレスが掛かる部位が出来てしまうのでしょうか?

実際のところはわからない部分が多いのですが、

  • FGノットの補強は単一のハーフヒッチが強い!
  • サルカン結びは交互のハーフヒッチが強い!

という結果になりました。

危うく、サルカン結びも単一方向で結ぶところでした。

実験が、皆様の参考になれば幸いです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索