オフショアジギングでメタルジグにトレブルフックを使うメリット・デメリット

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1535703033565.-800x450

おはようございます、しょうへいです。

先日、昔からジギングをしている方と話をしていたときに、「状況によってはトレブルフックを選ぶ」ということを聞かせて頂きました。

ジギングのフックといえば、アシストフックが主流です。

プラグにはトレブルフックを付けることが多いですが、メタルジグにトレブルフックはどうでしょう!?

ちょっと気になったのでアンケートもしてみたいと思います。

メタルジグにトレブルフックを使うのメリット・デメリット

まだジギングという釣り方が生まれたばかりの頃は、メタルジグを使うジギングでもフックはトレブルフックが主流でした。

アシストフックが誕生する前の話です。「P-BOYのリアにトレブルフック」というのが昔の定番だったそうです。

今はアシストフックが主流ですが、わざとトレブルフックを利用するという方もいらっしゃるそうです。

そういえば、私も今年のスーパーライトジギングでは小さいジグのリアにトレブルフックを使いました。

トレブルフックを使うメリットは

  • ポイントが多いので掛かりやすい
  • 多点掛になることが多く、バレにくい
  • フロントのフックやリーダーと絡みにくい
  • フロントに食ったとき、リアフックが魚体のどこかにかかりやすい
  • ブレードチューンがしやすい

などが挙げられるそうです。

一方デメリットでは

  • 根掛かりしやすい
  • 根掛りしたときに外すのが難しい
  • 魚を取り込むとき、ネットに絡むことがある
  • フックの可動域が少ないので、吸い込みが悪い
  • フロントに付ける事は難しい(できなくはないけど)

ということが挙げられるそうです。

また、トレブルフックはアシストフックに比べて抵抗が大きいので、ジグの挙動を制御することができるそうです。

リアバランスで巻き抵抗が大きいジグに付けると、ジグのお尻の触れ幅が小さくなり、巻き抵抗が小さくなることがあるとのことです。

フックの抵抗でジグの波動を強くしたり弱くしたりするときに使えるテクニックですね♪

さて、アンケートですが、最近はスーパーライトジギングが流行ってきていますので、小さなジグにはトレブルフックを使う方も多いと思います。

ブリ狙いのジギングではどうでしょう?

付けている方もたまに見かけますが、圧倒的に少ない気がします。

ということで、

ブリ狙いのオフショアジギングでリアにトレブルフックを使うメリットはあると思いますか?

  • ご回答いただけると、途中結果が表示されます。
  • 同じ端末で2度投票は出来ません。2度めは結果が表示されます。
  • 約2日後に回答できなくなります。

いつもアンケートにご協力いただきありがとうございます。

結果は今後の検証や実験、レポートに活かしたいと思います。

タックルボックス防水隙間収納ポーチ、沢山のご注文ありがとうございます!

発送は、本日分をまとめまして明日、月曜日に発送させていただきます。

ステッカープレゼントは本日まですので、この機会にぜひお試しください♪

記事をまだご覧にない方はこちら

ご注文はこちら(本日ステッカー付き)

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索