レインウェアをクリーニング屋さんで撥水加工!? 実際にどんか感じか試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1547551035558..jpg

おはようございます、しょうへいです。

皆様は、釣りのウエアをクリーニングに出したことはありますか!?

私の仲間に聞いてみたところ、みんな出したことがないらしいという答えが返ってきました。

年末から年明けにかけて、しばらく釣りに出かけることができないので、防寒着をクリーニングに出してみました。

クリーニング屋さんにオプションで撥水加工ができる!と看板に書いてあったので、どのくらいの撥水になるのか試してみました。

ついでにイカの墨で汚れていたので、綺麗になればいいなと思っていましたが、実際はどうでしょう!?

レポートしてみたいと思います。

さすがプロの撥水!?防寒着の防水機能が元通り!

wp-1547547554562..jpg

買ってから2年ほど使った防寒ウエア、かなり薄汚れてしまいました。

だいたい20回ほど釣りにもっていったような気がします。

特に、タルイカの墨を受けたので前のほうはイカのスミで真っ黒です。

イカのスミは家で洗濯してもなかなか落ちないですよね。

また、使ってはシャワーで洗ってを繰り返していますが、だんだん防水機能が落ちてきています。

(こちらのウエアはゴアテックスのものではないものです)

途中で何度か防水スプレーをかけてみましたところ、何度かは大丈夫ですがすぐに肘から浸水してきてしまいます。

wp-1547551826892.

上下のウエアなので、ウエアとズボンを一緒にクリーニングに出してみました。

スキーウエア扱いになるのでお値段は撥水加工をつけて3000円ほどになりました。

そこからキャンペーンの割引がききましたので、キャンペーンのあるときに出すのが良いのかもしれませんね♪

プロの撥水はどうなのでしょうか!?

wp-1547547554580..jpg

帰ってきたウエアがこちら。

やはりどしても大きいイカの墨は難しいようで、出すときにも「イカ墨は難しいかもしれない」と説明をうけていました。

とはいえ、細かいシミやそれ以外の汚れなどは落ちています。

また、ちゃんと乾燥されているので少しフカフカになっています。これは嬉しいですね。

家で洗濯機に放り込んだときのような綿の偏りもありません。さすがそこはプロです。

wp-1547547554524..jpg

メインである撥水のほうは、この通り。

水をこぼしてみましたが、まったく染み込むことなく、布の上に水が乗っています。

指でこすってみても染み込むことはありませんでした。

ちょうど雨が降っていたので、着込んで数時間野外の作業をしてみましたが、こちらもOK。

雨が染み込むことはありませんでした。

耐久力については、今後追ってレポートしたいと思います。

撥水性能に関してはスプレーよりかなり強力で、さらに衣類の隅々までムラなく加工されていますので、この点はプロの撥水加工はオススメです。

wp-1547547554580..jpg

イカ墨は素材が素材なので、なかなか染み抜きが難しいようです。

イカ墨をとる良い方法があったらFacebook等のコメントで教えていただけると嬉しいです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索