リールシートに固定するから動かない! 針先も隠れる「ルアーキーパー」がなかなか便利!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1548751690371..jpg

おはようございます、しょうへいです。

釣りの移動中など、フックをロッドに引っ掛けておきたいという場面はよくあります。

ガイドに引っ掛けておいたりすることもありますが、やはり傷が付かないか気になります。

先日、釣具店で見かけたルアーキーパーがなかなか便利そうなので購入してみました。

早速、レビューしてみたいと思います。

リールシートと一体に!?ガッチリ取り付けできる「ルアーキーパー」 001

こちらが、GEECRACK(ジークラック)から発売されている「ルアーキーパー」という商品です。

一見するとプラスチックの板ですが、どうやって使うのかといいますと・・・・・・。

wp-1548751690450..jpg

このように、ロッドのリールシートにリールと一緒に挟み込んで使います。

薄いベロのほうをリールフットに沿わせて、一緒にねじ込むことで取り付けが出来ます。

ベイトリール専用にはなりますが、一緒にガッチリと締め込んでしまうので「ズレたり抜けたり」することがありません。

柔らかいベロ素材ですので、リールがガタついたりすることもありませんでした。

wp-1548751690437..jpg

フックを引っ掛ける溝が付いていて、針先が隠れるようになっていますので、どこかに引っかかったりすることなく安全なのが嬉しいです。

もちろん、ルアーが付いたままでもOKでした。

テンションを張っても、力が掛かる場所がリールシートなので、ロッドへのダメージが少なくていいですね。

溝が左右と上と3箇所についているので、大きめのフックの場合は横の溝に掛けるといいようです。

wp-1548751690417..jpg

リールから出たラインを引っ掛けておく「ラインキーパー」としての使い方もできます。

竿先のガイドから折り返してきたラインを挟んで引っ掛けることもできます。

wp-1548421802172..jpg

以前ご紹介した、GEECRACK ジークラックのメッシュロッドカバーとセットで使えば、ラインをガイドに通したまま移動しても、ラインが他の竿に引っかかったりしないので便利です。

ベイトリール専用となっていますが、がんばればスピニングにも・・・とあれこれ試してみましたが、リールフットの厚みが違うので取り付けは出来ませんでした。

価格は350円前後ととてもお手頃価格です。カラーは全部で7種類だそうです。

ちなみに・・・

DSCF1151[1]

よく、このようにガイドにフックを引っ掛けておくことがあります。

SiCガイドはフックにつかわれている鋼材よりも4倍も固い素材と言われています。

フックが擦れたところで傷がつくことはありません。

DSCF1163[1]

このようにガイドをヤスリでガリガリこすってみても傷がつかないくらいに硬いです。
※折れて使わなくなったロッドで実験しています。

しかし、それを支えるステンレスの部分は傷がつきますし、シングルフットのガイド(ガイドの足の部分が1つのもの)はあまり強度がないので、ルアーの重みで曲がる可能性があります。

リールに引っ掛ける場合、樹脂(プラスチック)のパーツもありますし、メタルボディとはいえアルミの素材です。

傷がつく可能性が高いので、フックはなるべく専用のキーパーに掛けて置くのがいいようですね♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索