ただの塩抜きスプールじゃない!? 1つアレば色々便利「究極の糸巻きスプール」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

釣りから帰ってきてから、リールに巻いたPEラインって、塩抜きなどメンテナンスしてますか?

塩抜きをしないとリールの腐食の原因になったり、結晶化した海水がPEラインを痛ませるなど言われています。

以前、空のスプールにドリルで穴を開けて作る「塩抜きスプール」を紹介しました。

実際やられた方はご存知だと思いますが、ABS樹脂など硬い素材で出来たスプールに沢山の穴を開けたり、内側に出たバリをとったりするのは結構大変で、数百の穴を開けたにもかかわらず、意外と肉抜き面積が少ないんです。

そこで!

自分の理想を追求した「究極の糸巻きスプール」を作ってみた

何十?いや百個以上試作したでしょうか?

試作用の為に、3Dプリンターや卓上旋盤&卓上フライス盤、レーザー加工機まで揃えてしまいました。

設計と試作を繰り返し、とんでもない時間とコストが掛かりましたが、なんとか理想のものが出来ました。

一つ目のこだわり「極限まで剃り落とした究極の肉抜き」

まず最初にこだわったのが、強度を維持しつつ、極限まで削ぎ落とした「肉抜き」です。

複数の穴ではなく、タイヤホイールのようなスポーク設計に落ち着きました。

昔、鉄工所に努めていた時に、超軽量化したF1レース用のタイヤホイールを作っていたこともあり、そこからヒントを得ました。

設計したり、図面を書いたり、フライスや旋盤もその時に使えるようになり、いい経験をさせて貰えたと改めて思います♪

糸を巻く芯を肉抜きするのは難しいので、6本のスペーサーを使ってプレートを支える設計にして、穴を開けずに肉抜き化することが出来ました。

円柱状の樹脂スペーサーにすることで、ラインにダメージを与えず、ラインとの接地面積を減らしました。

2つめのこだわり「タッパーに収まるサイズ」

2つめにこだわったのは、円形のサイズです。

一般的な空スプールは、100mm近くあり、市販されているタッパー(円形コンテナ)には、惜しくも入りません。

塩抜きだけなら使うのは水ですので、どんなサイズの桶に入れても問題ないのですが、ラインのドブ漬けコーティング(ディッピング)をする場合は、コーティング剤自体が高価ですので、出来るだけ少量のコーティング剤でコーティング出来るようにしたいというのが希望です。

サイズを85mmにすることで、市販されているタッパー(円形コンテナ)の内側に丁度収まるようにしました。

3つめのこだわり「厚み」

3つめのこだわりは厚みです。

厚みにこだわる理由は2つあります。

一つ目の理由は円形サイズと同じように「少ないコーティング剤でラインコーティングをする為」になりますが、薄くするだけではいろいろな太さ(号数)のラインに対応できませんので、異なる3つの長さのスペーサーを用意し、交換することで糸巻き量を変更できるように考えました。

スペーサーの両端に「ねじ切り」をすることで、異なる長さのスペーサーを同じビスで止めれるようにしました。

写真右が標準のスペーサー使用時で、左が大容量スペーサー使用時。どちらもPE3号を300m巻いた状態です。

横から見るとこんな感じ。

スペーサーの芯を極限まで内側にすることで、標準タイプでも3号300m巻けるようにしました。

ちなみに大容量スペーサーはオフショアゲームに合わせて、4号300m以上巻きたい方用で、6号300m、8号220mとヒラマサのジギングやキャスティングのユーザーに合わせた糸巻き量を確保してあります。
※カジキやマグロ用狙いの為の超大物師用スペーサーもちょっとだけ作りました。

薄型で大容量の糸巻き量を確保し、75mlという少量のコーティング剤で経済的にコーティングが出来るようになりました。

ちなみにコーティング剤は、ネイチャーボーイズ(ビッグオーシャン)から発売されている「NCOリアクター」という商品なのですが、ラインコーティングに関しては次回記事にしたいと思います♪

厚みにこだわった2つめの理由が送料問題です

分解出来ることで糸巻き量を確保しつつ、普通郵便でも送ることが出来るサイズになりました。

極限まで肉抜きしたおかげもあり、50g以下を確保、これで全国一律89円〜で送ることが出来ます。
※クリックポストやネコポス便にも対応

 

分解できるもう一つのメリットとして、不要になった使用済みのラインを巻き取って分解することで、ラインの処分を楽に出来るようになりました。

おすすめの使い方

 

スプールの中心の穴サイズはラインリサイクラーのような糸巻き機に対応できるように16mm穴にしてあります。

昨年発売した、ほぼ全ての電動ドリルを電動糸巻き機に変えることの出来る「ライン巻取り専用ビット」にピタッと収まるサイズに。ビスの位置をワッシャーサイズと合わせることで、芯出しスペーサーなしでも芯出しが出来るようにしてあります。

ライン巻取り専用ビットで巻き取って塩抜きやコーティングに使うのもいいのですが、意外とオススメなのが

使ったPEラインを数十メートルだけ巻き取って、コーティングスプレーを吹きかけるという使い方も、横からや裏からも吹きかけれますので、なかなか便利ですよ♪

完成されたものだけを見るとシンプルですが、肉抜き加工したプレートが2枚、小さなねじ切り加工のスペーサーが6本、精密な樹脂ビスが12本と、かなりの加工が施された20パーツで構成されています。

価格は200gのメタルジグ1本程度の価格で、1つ持っているとかなり便利に使えますので、一家に1台置いておきませんか♪

販売はいつものようにルアーバンクの公式ストアで行っています。

ルアーバンク 「究極の糸巻きスプール」販売ページ

 

本日と明日(3/3日曜日)に購入された場合、「ジギング魂を見た!」といっていただければ、ステッカーもお付けしたいと思います。

180個限定になりますが、初回限定のお得なモデルもありますので、是非ご検討ください♪

 

ルアーバンク 「究極の糸巻きスプール」販売ページ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索