プロも愛用!? クーラーボックスや魚捌いた後におすすめの「アルコール除菌スプレー」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

といっても、もう昼ですね。。。

いつも5時ぐらいに起きて記事を書いているのですが、昨日、夜遅くまで飲んでいてはっと起きたらもう10時でした。。。

しかも、なんにも考えてなかったので、一生懸命記事にできるものを頭の中でシュミレーション、釣りに行く前から釣り→釣りの後まで順番に高速でイメージします。

なーんにもネタになりそうなものは見つかりませんでしたが。。。

最後のイメージが「魚捌いた後のまた板の除菌」でした。

ということで、今日は私が使っているおすすめの「アルコール除菌スプレー」をご紹介したいと思います。

プロも愛用!? 天然成分から生まれた除菌アルコールスプレー「キッチンアルペット」

パッケージが2種類あるので、こちらは見たことがある方は多いかもしれませんが、私が魚捌いた後にまな板の除菌に使っているのはサラヤ株式会社の「キッチンアルペット」という商品です。

実は、私の母は何十年も給食のおばちゃんをやっています。

当たり前ですが、小学校などは食中毒に敏感ですので、消毒や除菌はしっかりしないといけません。

1年ほど前になりますが、その母に

「まな板とかの除菌って何使ってるの?」

と聞いた時に教えてもらったのが「キッチンアルペット」でした。

このキッチンアルペット、食品を原料とした天然成分だけで作られているので、キッチンハイターなどの塩素系のものと違って、使った後に洗い流す必要がありません。

アルコールなのでちょっとたてば揮発します。

天然成分なので人に優しいですし、「中性タイプ」の為、包丁が錆びる心配もありません。

酸性のアルコール除菌スプレーもあるそうで、包丁などに吹きかけたままにしておくとサビサビになってしまうそうです。

プロの現場でも30年以上使われているそうで、正しく使えばかなりの除菌効果があるそうです。

アルコール除菌のしくみと正しい使い方とは

アルコールは高濃度になると高い除菌効果や殺菌効果を発揮するそうです。

アルコール度数が低くなれば、除菌効果が薄まる為、濡れているものに吹きかけても、水分でアルコール濃度が薄まるので効果がなくなったり、低くなったりするそうです。

ということで、アルコール除菌スプレーを使う際は、除菌したいものを洗い、乾燥させてから使う必要があります。

魚捌いたあとのまな板や包丁に使う場合は、よく拭き取って乾燥させてから使わないと、あまり意味がないそうです。

クーラーボックスの除菌や汚れ落としに便利

この「キッチンアルペット」魚を入れておいたクーラーボックスの除菌や汚れ落としにも大変便利です。

家に帰ったら魚をクーラーから出して、簡単に水洗いして干しておくのですが、翌日クーラーが乾燥したら

汚れが残っていますので、キッチンアルペットを吹きかけて、ティッシュで拭き取ると、かなりキレイに汚れが落ちます。

除菌よりも掃除の為にに使われている方も多いそうで、クーラーボックスがピカピカになります。

もちろん除菌も同時に出来きますので、次の釣りの時に食べ物を入れていってもかなり安心できます。

クーラーボックスの他にも

  • まな板
  • 包丁
  • 鱗落とし
  • 骨抜き
  • スポンジ
  • たわし
  • キッチンカウンター
  • 布巾
  • 釣り後のスマホの画面や本体
  • 釣り後の車のハンドル
  • ロッド(釣り竿)
  • リール

などの利用もおすすめです。揮発性が高いのでロッドやリールを拭くのにも綺麗になりおすすめです。

スプレー付きのものもありますが「お得な2.7Lの業務用タイプ」がありますので、100均などで購入できる小さいスプレー瓶などに詰め替えて使うとリールやロッド、車の中で使うのに便利ですしお得に使えますよ♪

 

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索