自作アシストフックのセキ糸に自作ロッド用の「スレッド」って使えるの?試してみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、釣具店に行った時に、たまたま釣り竿(ロッド)の自作アイテムコーナーを通ったのですが、ふと自作ロッドのガイドを巻きつける為の「スレッド」が目に入りました。

これって、アシストフックを自作する時のセキ糸となにか違うのかな?

と思い、パッケージを見てみると「ポリエステル」と書いてあります。

PEってことだよね。と思い長さと価格を見てみると、メタリックは600円ぐらいでしたが、つや消しカラーなら300円ぐらいで、200m巻と書いてあります。

結構、お得じゃない?

スレッドって見た目も綺麗に巻ける感じもしますし、ちょっとアシストフックの自作に使えるのか試してみました。

自作ロッド用の「スレッド」はアシストフックのセキ糸として使えるのか?

購入したのは、JUSTACE(ジャストエース)というカスタムロッド用のアイテムを出しているメーカーのスレッドです。

メタリックカラーは600円ほどしますが、マットなカラーは300円ちょっとと結構お手頃な価格です。

 

色の種類が豊富なのと、200mと意外と大容量なのが魅力です。

ポリエステル製で、ナイロンスレッドに比べて、紫外線による色あせや強度低下など、劣化しにくくなどの記載があり、なんだか使えそうな感じです。

 

いつも使っている、よつあみのブルーのセキ糸と比べると、全然感じが違い、ちょっと柔らかくて伸びる感じがします。

昔、ミシン糸を使っていたことがありましたが、強く巻いているとプチプチ切れるので、ちゃんとしたセキ糸に変えて切れなくなったのですが、こちらの「スレッド」は、セキ糸ほど強くはありませんが、ミシン糸よりも強く、ちょうど間ぐらいと行った感じ。

丁度、スーパーライトジギング用のアシストフックを作る予定があったので試しに作ってみました。

ちなみにフックバイスは自作です。

クランプ式のバイスは好きな場所に固定できないので、ペタッと貼って好きな場所で使えるものを作ってみました。

釣り部屋じゃなく、リビングなど好きな場所でテレビを見ながらアシストフックが作れるので便利です。

しばらく使ってみて、発売するか考えてみます。

話は戻りますが、スレッドを巻いてみました。

ロッドのガイドを固定するものなので、問題なく綺麗に巻けるようです。

ロッドガイドの場合、エポキシ樹脂で固めるのですが、接着剤はどうなんでしょう?

全く問題なさそうです。

もう一本根巻きして、溶接リングを付けてみました。

小さなリングの締め込みには、「アシストフック自作用締め込みツール」が大変便利です。

固まったら、はみ出たラインをカットして完成です♪

 

スレッドでアシストフックの根巻きをしてみた感想ですが。

  • よつあみのブルーのセキ糸よりは強度が弱い
  • かなり強めに引くと切れる
  • ミシン糸よりは強い
  • 少し弾力があり伸びる
  • 柔らかくてしなやか
  • ハサミで切りやすい

といった感じでしょうか?

ちなみにAスレッド・Cスレッドってなんやろ?

と思い、調べてみたら。

糸の太さのことで、Aスレッドが細くて、Cスレッドが太いそうで、今回はAスレッドを使いましたが問題なさそうです。

強さを求めるなら、よつあみのブルーのセキ糸ですが、スレッドは色の種類が豊富なので、好きなカラーが見つかったら、使うのもいいかもしれませんね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索