なぜこの形に?DAIWAの新コンセプト鯛ラバ「中井レディバグ」とは⁉

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_9424-e1563511361558

おはようございます。しょうへいです。

DAIWAのタイラバシステム・紅牙ベイラバーフリーαに新しいヘッドが追加されます。

なんと見た目がかわいいテントウムシの形をしています。

カワイイだけじゃない攻めのタイラバヘッドのようです。

そろそろ店頭に並ぶようですので、チェックしてみましょう♪

フルキャストでフォールで見せる!スイムで食わせる半球型ヘッド!!

Kohga_BayRubberFreeNakaiLadybug_Red

 

まんま見た目がテントウムシですね。名前のレディバグとはそのままテントウムシという意味です。

このタイラバは珍しい半球型のタイラバです。

Kohga_BayRubberFreeNakaiLadybug_Keimura_cut05

反対側はフラットになっていてまっ平です。そして平らな面にはホログラムが貼ってあります。

この形になったのはフォールを意識しての設計だそうです。

半球型になっているのでフォールはゆらゆらと左右に揺れながらフォールします。

揺れながらフォールすることでフォールがゆっくりになるとともに、フォールに興味を示しやすいといわれている真鯛にアピールするそうです。

しかしフォールの振れ幅を大きくしすぎてしまうと、ネクタイが絡むというトラブルに見舞われることがあります。

そこでフォールの左右の振れ幅を調整し、レーンから外れないように絶妙な幅に設計した結果が、半球型の形になったそうです。

もちろんリトリーブでもゆらゆらとスイミングしてくれるので、フォールでもリトリーブでもアピールができます。

kouga_beirabanakai_001

テントウムシ柄なのでグローの発行もドットグローにようになっています。

かなり目立ちそうです♪

キャストしてフォールでアピールし、斜めに引いてくる使い方がオススメだそうです♪

IMG_9424-e1563511361558

ヘッドだけの商品と、ヘッドとネクタイ+フックがセットになっているものがラインナップされています。

ネクタイとフックがセットのものは、フックがすべて中井チューンになっています。

DSCF1019[1]

右の青いラインのものが中井チューンのフックで、通常のフックよりかなり小さいフックになっています。

フッキングをしない、そして柔らかい竿で釣りをするタイラバでは、太い針ではなかなか固い真鯛の口を貫通することは難しいです。

そのため真鯛の唇などに掛け、柔らかい竿と緩いドラグのセッティングで口切れを回避するためのセッティングになっています。

小さい針ですがゲイブが浅いため伸ばされにくいというメリットもありますし、ネクタイも細いため針が貫通してしまい動きを妨げるというトラブルを防ぎます。

また青いラインはPEで動きがしなやかになります。食いが渋い真鯛にも効果がありそうです。

「中井レディバグ」は45,60,80,100,120gの5サイズ。カラーは7色展開です。

そろそろ店頭に並ぶ頃だそうなので、気になる方はチェックしてみてください♪

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/kohga_brf_nakai/index.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索