強度100%の「FGノット・ジギング魂バージョン」を結びやすく。強度はどうなる?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1575775937935.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先月、100%の強度で結べるFGノット「FGノット・ジギング魂改良バージョン」という方法を紹介させていただきました。

その後いろいろな質問を頂きました。その中で

  • ぐるぐる巻き3回×3は手巻きではやりにくいのでぐるぐる巻き3回ごとにハーフヒッチを入れてもいいのか
  • ぐるぐる巻きではなくハーフヒッチ10回でも強度は出るのか

の2点について検証してみた結果をご報告したいと思います。

ぐるぐる巻きは途中にハーフヒッチを入れてもいいのか!?

FGkaizou3

再度「FGノット・ジギング魂改良バージョン」の結び方です。

編み込みの後に、PEとリーダーを巻き込んでぐるぐる巻き3回×3という手順を踏むのですが、

ノッターで保持しないで手で結ぶときはちょっと結びにくく感じます。

「100%FGノット」手巻きでも100%強度を達成出来るの?強度測定と結び方のコツ

手で巻く場合も、ぐるぐる巻きの密度さえ作れていれば100%は達成できますが、楽できるなら楽はしたいですよね。

質問を頂いたことは、ぐるぐる巻き3回×3ではなく、ぐるぐる巻き3回ごとにハーフヒッチで仮止めを入れても大丈夫か。ということです。

つまりぐるぐる巻き3回+ハーフヒッチを3セットという形になります。

wp-1575775937945.jpg

やってみましたが、確かに途中途中で手を離しても戻らなくなるので、結びやすくはなります。

ハーフヒットごとにハーフヒッチを引っ張って締めこむことも可能でした。

wp-1575775937941.jpg

ハーフヒッチが合計3回プラスされるので、ぐるぐる巻き部分は少しだけ長くなります。

途中途中でハーフヒッチのコブも入りますが、そこまで気にすることはないと思います。

FGノット部の編み込みは10セットです(上10回・下10回)にぐるぐる巻き+ハーフヒッチを合計3セット行い、さらに焼きこぶを作って、焼きこぶまでをハーフヒッチで詰める完璧な方法でやりました。

wp-1575775937913.jpg

おそらく強度は同じだろう…と思って引っ張って切ってみますが、どうしても10㎏の壁を越えられません。

(※MAX11㎏で計測されるラインを使っています)

強度的には85%~90%ほどは出ているので十分です。しかしなぜか100%の壁は超えられません。

切れ方を観察してみると、なぜか焼きコブが吹っ飛んで無くなっています。

(※なんども検証しながら写真を撮っているので、ラインの色が違いますが同じラインです)

試しに大きめの焼きコブを作ったりしてみますが、焼きコブが吹っ飛ぶ確率が高く感じます。

私の想像なのですが、ハーフヒッチが入るとラインとラインの密着性が下がることで、ぐるぐる巻きの部分がズレて焼きコブに食い込むように動くからではないかと考えました。

wp-1575775937948.jpg

質問その2の、ぐるぐる巻き3回×3ではなく、ハーフヒッチ連続10回の場合も、似たような結果になり、85%~90%の強度になります。

こちらも、おそらくではあるのですが、ラインとラインの密着性がキモなのかもしれません。

ハーフヒッチではラインが結ばれていますし、折り畳まれることになるので少し隙間がでるのかもしれません。

「FGノット・ジギング魂改良バージョン」のコツは、FGノットの後にPEラインを硬く密着させて固定するところにあるのかもしれません。

質問ありがとうございました!

私も自分にはない考え方や、やり方がわかるのでとても参考になりました♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索