手巻きリールを超えた!? 超軽量化「21シーボーグ300J」が電ジギに良さそう!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

SEABORG_300JL_cut1_1

おはようございます、しょうへいです。

そろそろ2021年モデルの新製品の情報がでてないかな~と各メーカーさんのページを回ったりしています(笑)。

さて、まず発見したのはDAIWA「シーボーグ300J 」という電動リールのページがリニューアルされていました。

来年早々に発売のようですが、私が以前電動ジギングに使ったリールでもあります。

どこがかわったのか!?ということで来年の新製品第一弾をチェックしてみたいと思います。

手巻きリールよりも軽くなった!? 21シーボーグ300J登場!!

こちらが以前のモデル、18シーボーグ300Jです。

SEABORG_300JL_cut1_1

こちらが21年モデル21シーボーグ300Jです。

かなり落ち着いたカラーになり、なにやら側面にダイヤルが付いています。

 

アイテム ギア
自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
(号-m)(PE)
最大
巻上力
(kg)
常用
巻上速度
1kg負荷時
(m/分)
JAFS
基準
巻上力
(kg)
JAFS
基準
巻上速度
(m/分)
旧300J 4.7 635 12 3-400
4-300
47(52) 145(161) 12 205
新300J 5.1 560 16 3-400
4-300
5-230
59(65) 150(165) 14 210

スペックを並べてみると、すべてがパワーアップしていることに気づきます。

まず一番目を引くのが自重です。

前モデルのシーボーグ300Jは635gありましたが、新モデルでは560gまでかなりの軽量化されています。

もしやと思って調べてみると、電動じゃないベイトリールの「ソルティガベイト35N(550g)とほぼ同等」・シマノのオシアジガー2000(595g)よりも軽いのが驚きです!

どちらも、シーボーグ300Jと同じ3号400mと同じ糸巻き量のリールですので、かなり軽量化されたのがお分かりいただけると思います。

そして、最大ドラグ力は12kg→16kgへ。

巻き上げ力も47kg→59kgに

巻き上げ速度も145m分→150mに強化されています。

手巻きリールなみの軽量化のうえ、巻き上げ機能がパワーアップしているのはスゴイですね!

また、ギア比が少しだけハイギアになっています。電動リールはローギアのものが多いので、なにかの都合で手巻きをするときに大変でしたが、少しだけ楽になりそうです。

DOT_SB300_1_1

また、ディスプレイの水深表示がデカくなっているようです。

直射日光下での偏光グラスでも見やすいドット液晶を採用しているそうです。

wp-1573380545652.jpg

ちなみに旧モデルはこんな感じです。

一番大切な水深がパッと見分けれることは大事だと思います。

無題

コントロールはJOGシステムのままなので、使い勝手は慣れた感じで使えそうです。

親指ヒトツで操作できるこちらのシステムは、両手で竿を支えることが多い電動ジギングにちょうどマッチしていました。

wp-1573380545647.jpg

人間の力を超えた巻き上げ速度、魚に主導権を与えないパワーなど、電動ジギングにはさまざまな利点があります。

やはり疲れ知らずで、最初から最後までトップスピードで巻き続けることができるというのが最大の利点です。

パターンにハマったときの再現性もすばらしく、同じように魚を狙うこともできます。

超軽量化してパワーアップした、新シーボーグ300Jは2021年1月発売予定です。

そろそろ予約も始まってるかも?

まだまだ「来年出るのでは!?」とウワサされている製品はたくさんあります、新製品が楽しみな時期になりましたね♪

DAIWA 21シーボーグ300J
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/ele_rl/21sb_300j/index.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索