ジギング中によくイカも釣れたあのジグがスッテに!ブリード「NAKED」実釣レビュー!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1623045035842.jpg

おはようございます、しょうへいです。

イカメタルシーズン真っ最中ですので、毎週のようにせっせとイカを釣りにでかけています。

さて、先週発売直後!の新しいイカメタル用ルアーがあります。

私も大好きなルアーメーカーのブリードさんの新作「NAKID(ネイキッド)」です。

なんと普通のメタルジグにカンナが付いたようなルアーです、イカ用なのに布巻じゃない…!?

実際に使ってみたのでインプレしてみたいと思います。

ハダカのスッテの利点とは!?

wp-1623045035849.jpg

こちらがブリードから発売したての「ネイキッド」です。

メタルジグの後ろに、イカ用のカンナがくっついたようなルアーです。

見覚えがあるな!?と思ったあなたは鋭いです。同じくブリードのメタルジグである「ブルテリア」がベースになっています。

ブルテリアは、魚種を問わずただ巻きでよく釣れるルアー、特にマダイにはかなり効くルアーです。

強波動のルアーでしたが、その部分はそぎ落として微波動に仕上げているそうです。

wp-1623045035853.jpg

上から見ると左右はほぼ対称のようで、けっこう細身です。

重心はセンター寄りではありますが後方重心となっているのでフォールスピードが速そうです。

そして鉛のボディ…つまり布で巻いていません。

イカメタル用の鉛スッテやメタルスッテと呼ばれるルアーは、基本的には布が巻いてある仕様になっています。

過去にも鉛むき出しのルアーはありましたが、今となっては見かけることもなく、現在入手可能な布巻ではない鉛スッテでは唯一と言っても良いかもしれません。

まだイカメタルが誕生したての頃に、布で巻かれていないとイカが抱いてもすぐに離してしまうという話を聞いたことがあります。

しかし、現在ではイカメタルの道具も進歩しています、竿の感度もラインの細さも当時とは段違いです。

アタリさえ取れれば即掛けできますし、ルアーの感度もよさそうなので今ならかなり釣れるのでは!?と期待しながら釣りに行きました。

wp-1623045035842.jpg

使ってみたところ案の定、バシバシとイカがアタリます。それもかなり釣れます。

そもそも、マダイジギング中にスルメイカやケンサキイカが釣れることも多かったブリテリアがベースですので、カンナが付けば更に良く釣れるのは頷けます。

塗装のみで布巻をしていないメリットとして、ルアーの表面の抵抗が少ないことが挙げられます。

これによりアクションをしたり回収をしたりしても軽く感じます。長時間アタリを見なければいけないイカメタルで疲れにくいということはメリットになります。

フォールスピードも速く、今のところ20号のウエイトしかありませんが、多少潮が速くても底取りは問題ありませんし、素材が硬いので着底は明確にわかります。

タナを素早く取ることが重要なイカメタルでこれは強みになります。

また破れたり墨で汚れたりすることもないので耐久性があります。

イカを回収中にマダイやサゴシに持っていかれてしまったり、スッテに直接魚がアタックすることでスッテがボロボロにされることが偶にありますが、そういった心配はありません。

平たい面が大きくアクションがつけやすく、大きくリフトしてからのフォール中にアタるということも多くありました。

また元がタダ巻き波動系のメタルジグです、もしかしてタダ巻きで釣れたりして(笑)と思ってやってみたところ、ゆっくり巻きで上げてくる途中にひったくられて釣れてしまいました。

風が強くけっこう船が揺れた日にやっていたのでこれは助かりました、どうしても竿先が揺れてアタリが取りにくいという日に試してもるのもアリかもしれません。

wp-1623045035831.jpg

イカメタル用のスッテではあまり見かけないブラックカラーもあります、これがめっちゃ釣れるのです。

フラットでエッジの効いたルアーなのでシルエットが強く出るのかもしれません。

実際にイカを釣ってルアーを持ってみると、確かに布巻ではないので表面がつるつるしているのでけっこう滑ります。

これが過去にイカがすぐ離してしまうと言われていた原因かな?とも思いましたが、

逆にアタリが即取れるようになった現在では、イカが抱いたあとにフッキングすればすぐにカンナまで触腕が滑っていって掛かるのでは?とのブルーズ丸船長のコメントもありました。

実際のところはイカに聞いてみないとわかりませんが、釣っていて触腕2本がガッツリかかってるということも多くありましたので、ルアーそのものの感度と合わせてそういった強みもあるかもしれませんね。

wp-1623045035846.jpg

カラーバリエーションは、ソリッドなカラーからチャート、グロー系まで9色が展開されています。

現在は20号約75g(87㎜)で1150円のみが発売されていますが、17.5号と15号も近日発売予定だそうです。

私の近くの釣り具店では、入荷してすぐに売り切れてしまうほどの反響があるルアーです。

ブルーズ丸の釣果情報でも連日、ネイキッドでの釣果が凄いです!

http://blues-maru.com/archives/16153

今年イチオシのオススメ鉛スッテです。見かけたときは是非確保してみてください♪

ブリード NAKED(ネイキッド) http://www.breed-lure.com/naked.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索