凄く使いやすいと噂のスタジオオーシャンマーク「 フックリムーバー」使用レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1577010868940.jpg

おはようございます、しょうへいです。

昨日、やっと休みの日曜日が凪の日になり釣りにいくことができました。

その釣行中に、凄く使いやすい!と噂のスタジオオーシャンマークの「 フックリムーバー」を使ってみたのですが、噂通りとても使いやすく安全にフックを外せる便利アイテムでしたので、使用感をレビューしたいと思います。

がっちりホールドで安心!スタジオオーシャンマーク「 フックリムーバー」

wp-1577010868945.jpg

こちらはスタジオオーシャンマークから発売の「 フックリムーバー」HR150Mというアイテムです。

フックリムーバーシリーズで一番ライトなモデルになり、非常にコンパクトです。

本日お世話になったフィッシングガイドサービス・ブルーズの船長に貸して頂きました。

というのも、この日はハマチがほぼ入れ食いでたくさん釣れたのですが、何度もフックを外しているうちに手を滑らせて自分の手に刺さってしまいました。

幸い軽傷だったので絆創膏でなんとかなったのですが、やっぱり痛いし血は出ます。

せっかくの休日に釣りに行くのだから、安全に遊びたいですよね。

wp-1577010868953.jpg

この「 フックリムーバー」ですが、コンパクトながら2つの使いかたができる機能がついています。

フックをひっかけるギャフ部分のダイアルを切り替えることで、HOLDモードとTURNモードを切り替えることができます。

wp-1577010868925.jpg

HOLDモードはがっちり針を掴むことができるモードで、シングルフックが魚の内側に掛かっている場合や、トレブルフックに使うそうです。

wp-1577010868951.jpg

三点ホールドでがっちり針を使うことができ、押し込むことや引くことで魚の口から針を外すことができます。

また、フックを喉奥まで飲まれてしまったときなど、プライヤーで外しにくいような状況でもフックを外すことができます。

がっちり針を掴んでいますので引く・押す以外にも捻じることも可能です。

wp-1577010868929.jpg

TURNモードはフックを掴むときに、針がクルッっと回るようにつかむことができます。

針が魚の外側にフッキングしたときや、体などにファウルフッキングしてしまったときに使うモードだそうです。

針が回転して針先がまっすぐこっちを向きますので、引く動作でのフック外しが容易になります。

wp-1577010868904.jpg

実際に何度か魚からフックを外してみましたが、フックのホールド感はバツグンです。

掴んでいるときに魚が暴れても抜けてしまうことがありませんし、フックをひっかけるギャフ部分も剛性があり安心感があります。

wp-1577010868940.jpg

ハンドルの素材や大きさもバランスが良く、使いやすいと感じました。

このように手のひらにEVAの大型のノブを当て、トリガーを指で操作することでギャフ部が作動します。

今回使ったHR150Mは比較的小型のフック向けですが、大型魚に対応するHT180LやHR260L-HDというモデルもありますので、必要に応じて選ぶことができます。

魚からフックを外すタイミングでケガをしてしまうことも多く、このような安全に取り外せる器具はオススメです。

詳しい使い方やサイズ一覧はこちらからどうぞ!

スタジオオーシャンマーク フックリムーバー
http://studio-oceanmark.com/products/hook-remover/hook-remover/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索