救命胴衣つけてないとどうなる?来年から変わった「着用義務」を分かりやすくまとめてみた

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

一部のメディアやSNS等でもう拡散されているので、ご存じの方は多いと思いますが、20トン未満の小型船舶(ジギング船やプレジャーボートはほぼ全て)に乗る場合に、救命胴衣の着用が義務化されます。

いままでは、義務化じゃなかったのか?着けていないとどうなるのか?

分かりやすくまとめてみました。

今までは12歳未満の小児のみが着用義務、12歳以上は努力義務だった

救命胴衣っていままで、着用義務ではなかったの?と思われる方も多いと思いますが、今までは水上バイクや一人乗りの漁船になる場合、12歳未満の小児には救命胴衣の着用義務がありましたが、プレジャーボートや遊漁船などに乗る12歳以上の人には着用義務はありませんでした。

努力義務とされ、着けていない場合に海上保安庁の方に「着けてくださ〜い」と、注意を受けることはありました。

来年(平成30年)2月から、ほぼ全ての小型船舶に乗る人に着用が義務化

平成30年2月。。。もう来年ですね。ほぼ全ての小型船舶に乗る人に、救命胴衣の着用が義務化されます。

20トン未満の小型船舶ということですので、ほとんどのジギング船やプレジャーボートがあたりそうです。

ただ、空間が囲まれた船室では外すことが出来るそうですので、船室で移動中に寝る場合は外しても大丈夫です。

着用していないとどうなるのか?

昨年の7月から、小型船舶の免許が、車と同じように点数制になりました。

救命胴衣を着用していない乗船員がいて、見つかった場合、船長の点数が2点加点されます。

点数が加算されていくと、業務停止になり、暫くの間、船に乗ることが出来なくなります。

また、これまでは5点たまると「再教育講習」の通知が来ましたが、今度からは違反一回の2点で「再教育講習」の通知が来るそうです。

再教育講習を受けると、加算された2点を減点してくれます。

救命胴衣の着用義務による点数が加点されるのは、周知期間があるそうですので、実際は、平成34年の2月と約4年後からとなるそうですが、着用義務は平成30年2月からですので、見つかった場合、今まで以上に指導がありそうです。

先日、自分のボートで釣りをしていたら、たまたま海上保安庁のボートが近づいてきました。

あの方たちは、釣りをしないので、キャスティングで投げているポイントの上を堂々と走ってきます。

しかも、ちょうど誘い出してドバッっと出た後で、気分が盛り上がっていた時に「検査証を見せてください」と来たもんですから、気分はだだ下がりです。

釣りをしないので、仕方はないと思いますが、今後、救命胴衣を付けていないボートを見つけた時に、寄ってくる可能性が増えますので、罰点があるのが4年後でも、遊漁船やプレジャーボートに乗る時は、ちゃんと救命胴衣を着用しておきましょう。

時合に指導を受けるのはもったいないですし、罰点や指導は、船長に迷惑が掛かります。なによりも救命胴衣は命の安全を守るものですので、ちゃんと着用しておきたいですね♪

「桜マーク」が付いていない救命胴衣はだめなのか?

救命胴衣は、浮力が7.5kg以上や顔が水面上に維持できるなどの安全基準があるようで、安全基準の適合が確認された救命胴衣には、桜マークが付いています。

桜マークが付いていないものは認められないのかというと、国土交通省のホームページには、「安全基準に適合した救命胴衣をつけましょう!」とあるので、桜マークがついているものをオススメしているだけのようですね。

国交省に問い合わせてみたところ、桜マークがないライフジャケットは違反になるそうです。

詳しくはこちら↓

着用義務化!? 「桜マーク」のないライフジャケットは駄目なの? CE認定は?国交省に聞いてみた!

国土交通省 ライフジャケットの着用義務拡大について
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr6_000018.html

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。