トリプルニットノットの簡略版!? ダブルニットノットでも強度はでるのか実験しみた!

Pocket
LINEで送る

DSCF0877[1]

おはようございます、しょうへいです。

リクエストを頂きましたので、今回もノットの強度を計ってみたいと思います。

TN(トリプルニットノット)はサルカンにループを3回まわす結び方ですが、簡略化してループ2回だけのDN(ダブルニットノット)でも強度がでるのか!?というリクエストです。

何を隠そう私、このノットをすることがよくあります(笑)。

使っていてトラブルに見舞われたことはありませんが、実際に測ったことはありませんので、今回も実験してみました!

トリプルニットノットを2回だけのダブルニットノノットとは!?

DSCF0880[1]

TN(トリプルニット)ノットは、過去に強度テストをしたことがあります。

ハーフヒッチなしで90%、ハーフヒッチありで約100%と、かなり強いノットであることがわかっています。

別にそれほど強くなくていいので、もっと簡単にできないかな~と思って、私も回数を落としたDNノットで結ぶことがあります。

どうせやるなら、ハーフヒッチありと、ハーフヒッチなしのどちらも実験してみます。

TNノットの結び方はこちらを参照してください

サルカンに3回ラインが掛かるのでトリプルですが、巻きつけ回数を1回減らします。

ハーフヒッチなしの最強ノット、ジャンスィックSPよりも手順が1回少ないような形になります。

DSC_8888

いつものように30lb(13.6kg)のフロロカーボンリーダーを、ドラグチェッカーに挟んで引っ張って実験します。

ダブルニットノットでも強度は強いのか!?

まずはハーフヒッチなしです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 7 51%
2 8 59%
3 7 51%
平均 7.3 54%

さすがに摩擦と締め付ける部位が少ないようですね。

リーダーの強度に対して半分程度の強さになりました。

ドラグが緩めならなにも問題なさそうですが、引っ張っていて露骨にノットがズレるので少し不安です。

DSCF0888[1]

続きましてハーフヒッチを行います。

ハーフヒッチは6回(上下3回づつ)行っています。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 13.5 99%
2 13 96%
3 13 96%
平均 13.2 97%

強度があがりました~(笑)

ほぼ100%と言って良いのではないでしょうか。

ラインに捻れる部分がないので、ハーフヒッチで簡単に強化できるようですね。

たしか以前、ハーフヒッチだけでノットを作った時に、同じような強度が出ました。

「ハーフヒッチ」は強度に影響するのか① ハーフヒッチだけノットの結束強度

ハーフヒッチをするからできるだけ簡単に、ということならダブルニットノットでもよさそうです。

とはいえ、サルカンに掛かる部分がTNと比べると1つ減るので、サルカンとリーダーが擦れる長期間のファイトでは差がでてくるかもしれません。※今回は単純に引っ張ったときの強度では変わらないという結果

ハーフヒッチがめんどくさい!という方はジャンスィックSPで、と言う風に使い分けをすればよさそうですね♪

ハーフヒッチなしの最強ノット、ジャンスィックSP

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。