傷つかないの? ジギングのポイント移動中、アシストフックをガイドに掛けてもいいのか?

Pocket
LINEで送る

DSCF1151[1]

おはようございます、しょうへいです。

オフショアジギングといえば、当然船で移動することになります。

ポイントについてからルアーをセットするのでは遅いので、大抵の方はルアーをセットした状態で、ロッドホルダーに竿を立てることになると思います。

この、移動中にルアーをどのようにセットするかで道具が長持ちするかどうかが決まる!?という話を、仲間から教えてもらったので、検証しつつご紹介したいと思います。

ガイドのフットにかけちゃいけないんですか!?

DSCF1147[1]

ジギングのポイント移動中、フックをガイドのフットにかけて、ラインを張った状態でロッドホルダーに入れておく人も多いのではないでしょうか!?

私もしばらくはこのようにしてポイント移動のとき仕舞ってしていました。

また竿は2~4本ほど持ち込むので、それぞれの竿にルアーをセットし、使っていない竿の分はこの状態でロッドホルダーに入れておいたりしますね。

実は、このフックをガイドのフットにかけておくのは良くないよ、と仲間に教えられました。

ええ!?ここが一番丈夫そうなんですけど!?

DSCF1151[1]

もしガイドにフックをかけておくのなら、ガイドのリング側に掛けておくほうが良いそうです。

なぜこちらのほうが良いのかといえば、ガイドはステンレスのものが多いですが、いまどきのガイドリングはほとんどがSiCのものです。

ガイドの素材よりも、SiCリングのほうが硬いから傷が付きにくいから。だそうです。

調べてみると、SiCリングは4倍以上硬いことがわかります。また様々な金属よりもさらに硬い素材です。

(参考:京セラ  http://www.kyocera.co.jp/fcworld/charact/strong/hardness.html
(参考:富士工業 http://www.fujitackle.com/sic/

フックはステンレスや鉄、鋼などで作られているので、ガイドフットにかけておくと、ガイドフットを傷つけることになります。

DSCF1158[1]

よーく見ると、細かい傷や錆がついていました。それでもガイドリングはほぼ無傷です。

ガイドのフレーム部分に傷が入ると、そこから錆や劣化の原因になります。

ロッドを長持ちさせたいのであれば、ガイドリングにフックを掛けるのが良いようです。

ちなみに、SiCリングは金属より硬いので例えばヤスリで削っても傷がついたりすることはないそうです。

DSCF1163[1]

恐れ多くもホンモノのロッドについているガイドにヤスリを突っ込んでガリガリやってみました(笑)

しかし、ガリガリと音はするもののガイドに傷はまったくついていませんでした。

SiCリングはとても硬い上に、ガイドリングより少し厚みがあるようにできているので、フックはこちらに掛けたほうが良さそうです。

落とし穴もあります!!船の上は安全第一で

DSCF1161[1]

いくつか落とし穴もあります。

写真のように、ライトジギングロッドではガイドフックがダブルではなくシングル(下からの支えがない)のものもあります。

こういったガイドはあまり強度がないので、ルアーをかけておくと歪みの原因になるかもしれません。

また、船が跳ねるほどの波の中を走っているときはダブルフットのガイドに掛けておいたとしても、弾みで外れてジグが飛んでくる可能性もあります。

また、フックは外れないものの、ぶら下がっているジグが暴れて竿にあたり、竿が折れたりクラックの原因になった、という現場を目撃したこともあります。

また、ガイドに掛かっているとはいえ、針先はむき出しです、近くにいる人の衣類に引っかかったりすることもあります。

本来であれば、船で移動中はあまりガイドにフックを掛けておかないほうがいいのかもしれません。

pic

先日紹介した、「船べりBOX」や、ジグホルダーなど、ジグを入れておける入れ物などを利用するか、

14369924_337672923232603_2016240704977472412_n

もしくはそれらのものがなければ、ジグはロッドホルダーの穴に一緒に入れてしまうのが良いかもしれませんね。

 

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動