あの「マイクロフリップ」がタイラバに進化!?「タイラバフリップ」とは!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

11102107_5641ddf21f9d7[1]

おはようございます、しょうへいです。

ギアラボから発売されている「マイクロフリップ」はご存知ですか!?

独特の形のタングステンジグで、巻くだけで何でもつれちゃうと話題になっていますが、タイラバにも流用できるのはご存知でしたか?!

新商品の専用アタッチメントや、アクセサリー類も充実してきましたのでまとめてご紹介いたします。

タイラバとジグを共用!?タイラバフリップ

flip_150_iwashi[1][1]

まるでネギを切ったかのようなボディに、コンパクトなタングステンジグで、使い勝手の良いと評価されているマイクロフリップ。

巻くだけで釣れる!!とのことで、最近は全国の釣具屋さんでも見かけるようになりました。

私もこれまで使ってきて、キジハタやシーバス、マダイなどの実績があります。

wp-1522408976248..jpg

ところでこのマイクロフリップですが、ボディに穴があいていました。

この穴を利用することで、マイクロフリップをタイラバとして使うことができます。

pfhook_zukai1000[1]

こうすることで、ジグでありながら全誘導のタイラバとして使うことができます。

特にスピニングタックルでのキャスティングタイラバとして使うときの相性がよく、ライトジギングもタイラバもしたい!!

というときは、このジグ1つでどちらも出来るスグレモノでした。

01141040_5696fca87a0ae[1]

タイラバとして使うときの専用アタッチメントとして、ポラジックフィルムネクタイが発売されています。

さまざまな色に偏光するフィルムが使われていますし、フックもコダワリのセッティングがされています。

タックルボックスに入れておけば、いつでもタイラバとして使うことができます。

春のマダイシーズンを向かえ、タイラバが良いのかライトジギングが良いのか迷う方もいらっしゃると思いますが、これなら一つで二役と便利ですね♪

シルエットが小さいので沈下が早いのも特徴です。

シルエットが大きいほうが良いのか、小さいほうが良いのかは状況によりますが、マイクロフリップは特にシルエットが小さく沈下が早いので、ここぞというときに活躍してくれるかもしれませんね。

08071511_5988049abc821[1]

同じフィルムとティンセルを使った、テール専用フックも発売されています。

こちらを使うことで、ライトジギングでもアピールを高めることができます。

08071511_598804927169b[1]

これまでのマイクロフリップ専用フックの弱点だったリング類も、強力なものが使われていますので、大鯛や青物にも対応してくれそうです。

マイクロフリップシリーズも、数が増えてきました。

小さいものは20gくらいのスーパーライトジギングクラスから、250gのディープエリアに使えるサイズもあります。

マイクロフリップはジグでアピールし、針をバイトマーカーにすることで直接針に食いつかせるという設計思想で開発されているのも注目ポイントです。

これらのアクセサリーが、既製品として手に入るので、手軽にさまざまな戦術を使えるのが嬉しいですね♪

マイクロフリップとアクセサリーはAmazonでも買えるようですので、地元の釣具店に置いてないよ〜と言われる方も手に入れやすくなったのが嬉しいですね〜

Amazonでマイクロフリップとアクセサリーの検索結果

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索