力を掛けて伸びたショックリーダーは元の長さに戻っているのか?追加実験してみた!

Pocket
LINEで送る

wp-1527749864932..jpg

おはようございます、しょうへいです。

前回、ナイロンとフロロのラインに同じ力でテンションをかけたとき、どの位伸びるのか?実験を行いました。

どちらも思ったより伸びるという結果がでましたが、ここで質問をいただきました。

力を掛けて伸びたラインは、力を抜くと元通りに縮んでいるのか?それとも元よりも若干伸びていて強度が落ちているのではないか?

ということで、今回も実際に伸ばして実験してみました!!

力を掛けて伸びたショックリーダーは元通りに縮んでいるのか?

wp-1527749864902..jpg

今回も、前回と同じように実験装置を作ります。

ラインはフロロカーボンもナイロンも12号40lbのものを用意して、片方にフックを結びます。

そしてもう片方はループを作っておきます。

wp-1527749864858..jpg

今回もそしてどちらも揃えて、支柱にタイラップでガッチリ固定します。

今回はフックではなくループ側を固定します。

wp-1527579505478..jpg

これを倉庫で伸ばしていきます。長さは2ヒロ半、約3.5mです

wp-1527749865001..jpg

そして床にダンボールを置いて、ガムテープで固定したあと、スタートラインを決めます。

ラインにも同じ位置にマーカーで印を入れておきます。

wp-1527749864966..jpg

そしてフックを水の入ったバケツに引っ掛けて、ドラグチェッカーで5kgの力がかかるまで後退します。

これでテンションのかかった状態で固定することができます。

wp-1527749864696..jpg

前回同様、けっこうラインは伸びます。フロロカーボンが29cm、ナイロンリーダーが38cmです。

ラインは3.5mですので、計算するとフロロカーボンが約8%、ナイロンが約10%伸びていることになります。

このあと、伸びたラインのテンションを抜くと元に戻るのかということを確かめます。

このくらいのラインの太さで魚を掛けたとして、ファイト時間は3分ほどでしょうか?

それよりも負荷をかけたいので、伸ばしたまま10分ほど放置してからテンションを抜いて、元にもどるか確かめたいと思います。

まとめると、

  • ナイロンとフロロは同じ12号40lbのもの
  • ラインの長さはどちらも2ヒロ半、約3.5m
  • ラインの端の、片方は柱に固定
  • もう片方の端にオモリ(バケツ)、5kgの力で引っ張る。
  • ラインには同じ位置にマーカーをつける
  • テンションを掛けたまま10分放置する
  • テンションを抜いてラインが元の長さに戻るか計測

という実験を行います。

実験の結果は如何に!? ラインの長さは元通りになるのか!?

IMG_20180531_36252.jpg

そしてこちらが実験結果です。

どちらも負荷をかけたあと、元通りの長さに戻るようです!

強い負荷を加え続けたからといって、伸びてしまうということはありませんでした。

ナイロンのほうが若干伸びているように思えますが、ナイロンのほうはスプールの径が小さいものでしたので、糸クセが伸びただけだと判断してよいかと思います。

大きなサイズの魚を掛けて負荷が掛かった場合でも、ショックリーダーはもとの長さに戻っていて、強度が落ちているということは無さそうですね♪

ご質問ありがとうございました♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動