タイラバにチョン掛けするだけでマッチ・ザ・リアルベイト!? フラッシュJシリーズ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

flash-tairaba-img01

おはようございます、しょうへいです。

私の住む福井県では今年はマダイが好調で、メタルジグやタイラバでモンスター級がよく釣れています。

私もタイラバは大好きなのですが、タイラバをトレーラーにしてフックにワームをプラスすることがあります。

今日は、今年大ヒットだったフィッシュアローの「フラッシュJシリーズ」に注目してみたいと思います。

タイラバ+ワーム=マッチザベイト!?

021_flashjcurly_2_

こちらは今年特に福井沖で爆発した、フィッシュアローのフラッシュJカーリーです。

「フラッシング鯛ラバ」と呼ばれれていることもありますが、とにかくアタリが多かった印象があります。

マダイからみてタイラバが何に見えているかはという話は諸説ありますが、主に甲殻類ではないか?と言われています。

そんなタイラバにワームをチョン掛けすることで、イワシベイトなど、魚がベイトのときに特に効果を発揮しました。

実際にフラッシュJカーリーで釣り上げたマダイの胃からはイワシが出てきたことも多く、マッチザベイトの威力を改めて思い利しました。

動画でも使い方が紹介されています。

特に難しいことは考えずに、普段使っているタイラバのタックルはそのままでOKです。

マッチザベイトで食ってきますので、ネクタイをカリカリといった感じよりもワームに直接食ってくるように思います。

当たれば掛かるといった感じなので楽チンなのも良いところです♪

020_ringflasher_1a

また、このフラッシュJシリーズはラインナップが豊富です。

先ほどのフラッシュJカーリーはベイトがイワシなど比較的大きなものに高反応でしたが、一方ゴカイ類に反応が良いときなどは小型のリングフラッシャーなどが高反応のようです。

030_flashjshurasu_1b-620x300

シラスベイトの時はフラッシュJスリム、イカベイトのときはフラッシュJスクイッドのように、1年を通してマッチザベイトのパターンで攻めれるのが良いですね。

5本入りで600円前後とそれほど高くないのも嬉しいです♪

wp-1530171307784..jpg

ワームの刺し方はチョン掛けでOKです。

特に難しく考える必要はありません。コダワりのある方はネクタイを少し短く切り詰めるそうですが、そのままでも特に問題ありません。

現場でちょっとつけるだけという簡単さが良いですね。

詳しい種類と対応パターンはフィッシュアローのフィールドレポートに一覧がありますので、要チェックです♪

12種類もありますので、状況に合わせた戦略を考えるのも楽しみですね。

フィッシュアロー http://www.fisharrow.co.jp/

フィッシュアローフィールドレポート http://www.fisharrow.co.jp/salt-field-report/1794/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索