【コラム】紫外線は何月から多くなるの?紫外線AとBの違いや釣行時の日焼け対策グッズまとめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、しょうへいです。

GWに4回ほど釣りにいったのですが、ガッツリ日焼けしてしまいました(笑)

まだ4月末だし、曇りの天気だし大丈夫かな~と油断していましたが、ぜんぜんダメでした。

紫外線は春が一番強いという噂もありますが、実際はどうなのでしょう⁉

過去の日焼け止め対策記事もまとめてみました。

やっぱり紫外線のピークは7月だけど…?

UV

 

去年1年間の、私の地元の福井県のUVの平均値のグラフを見てみました。

見てみるとやっぱり7月が最大でした。

しかし4月でもピークの7月の半分よりは高く、5月となるとさらに高くなります。

6月に至ってはピークの7月に迫るほどで、8月とほぼかわりません。

暑くないし、いい天気だな~と思って袖で油断していくと日焼けをしてしまうのは間違いなさそうです。

もう1つのデータを見てみました。

UV2

引用元:日本ロレアル http://www.nihon-loreal.jp/uva/uv_ray/place_weather.html

紫外線にはA波とB波があり、A波は年間を通じて大量に降り注いでいて、肌のシワやたるみの原因になるそうです。

5月にはほぼピークの6月近くの量に達しますので、GWの連休辺りから気をつけなければなりません。

B波は赤く炎症したり、シミの原因になるそうで、こちらも4月あたりから大量に注がれます。

両方共、4月末から5月にはかなり強い紫外線が差しているようで、まだ春だからと油断していると、私みたいにひどい目にあうようです(笑)。

また、今回は曇りだし大丈夫かなと思っていたら日焼けしていました。

UV3

引用元:気象庁 https://www.jma.go.jp/jma/index.html

気象庁のデータによれば、実は雲がかかっていてもかなりの紫外線があることがわかりました。

完全な曇りでも60%近く、薄曇りでは快晴のときとあまりかわりません。

曇りだと思っていたら日焼けした‼というのは実はその通りだったようです。

日焼けをするとかなりつらい思いをします、海釣り、特にオフショアは海からの照り返しもあるのでかなり日焼けをします。

やはりばっちり日焼け対策をしていきたですね♪

おすすめ日焼け防止グッズのまとめ

DSCF0325[1]

日焼け止めには「Top Athlete Sun Protect Fighter」という、トライアスロン競技者のために開発された日焼け止めがかなり最強です。

一昨年から真夏のシーズンに使っていますが、まったく日焼けしませんし、汗や海水で落ちることもありません。

お値段は少々張りますが、どうしても半そでで釣りをしたいという方には最強の日焼け止めです。

釣り人にも最強!? 最強と話題の日焼け止めをジギング1日で実験してみた!

やっぱり物理的にUVカットが最強!?

アームカバーやレッグカバーで物理的に身体を覆ったほうが日焼けしませんよね♪

安価で高評価なアームカバーです。

私も実際に使ってみましたが、釣りをストレスなく行えて日焼けもしませんでした。

真夏のジギングの日焼け対策に! 980円で買える星4.5の高評価アームカバーがおすすめな理由

ラッシュガードで完全防御!

IMG_20170718_49804

こちらはラッシュガードと海水パンツの組み合わせです。

長袖で紫外線カット98%(UPF50+)で、吸汗&速乾素材という快適素材です。

遠征の荷物が減らせるというメリットもあります。

こちらもコスパ◎なので、これからのシーズンの釣りにオススメです♪

軽装で重装!? 真夏のオフショアジギングにオススメの服装とは!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索