タックルボックスに1つ入れて置きたい!? 「液体ばんそうこう」がなかなか便利!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1564396192398.jpg

おはようございます、しょうへいです。

オフショアの釣りで、フックが刺さったり、魚の背びれが刺さったりと、ちょっとしたケガをしてしまうことがあります。

オフショアの場合、ちょっとコンビニへ…というわけにいかないので、その場で対処しなくてはなりません。

そんなちょっとしたケガに「液体ばんそうこう」がとても便利ですので、ちょっとご紹介したいと思います。

「液体ばんそうこう」は完全防水のばんそうこう!?

wp-1564396192401.jpg

 

釣りの最中に怪我した時の為に、絆創膏をタックルボックスに入れておくと安心です。

グローブはしているのですが、ラインの結び直しの為に、指が開いたグローブしていることもあり、指先にキズを作ってしまうと、リールのハンドルと干渉するのでけっこう不快です。

止血してしまえばどうということはないのですが、傷口のままですと海水が染みたりします。

wp-1564396192375.jpg

先日、釣りの最中にちょうど人差し指の先に擦り傷を作ってしまいました。

その場で処置をしたのですが、うっかり写真を撮るのを忘れてしまったので、自宅で再現撮影してみます。

「液体ばんそうこう」はチューブタイプの容器にはいっていて、そのまま出てくる液体を幹部に塗るだけのものです。

wp-1564396192406.jpg

すぐに乾いて皮膜をつくってくれるので、傷口の保護と防水の役割が同時に果たせます。

けっこう染みるので最初は痛いですが、2,3分も耐えていればなんともなくなります。

釣りの最中ずっと気になるよりマシかなと思っていつも使っています(笑)

この液体ばんそうこうに出会うまでは、普通の防水タイプのばんそうこうをタックルボックスに入れていましたが、

ルアーフィッシングはリールや竿を手で操作するので、ズレてしまったり外れてしまうことが多くありました。

また、防水のものでもだんだん染みてきてしまったりもして、頻繁に取り替えなくてはなりません。

こちらの「液体ばんそうこう」は、皮膜がそこそこ強く、患部だけをガードできるのでその辺はかなり便利です。

乾いた後に、もう一度、2度塗りしておけばかなり持ちます。

wp-1564396192404.jpg

さきほど試しに、傷口に液体ばんそうこうを塗った状態で、イカを20杯ほど解体してみましたが、まったく染みません。

そのあと手を塩素で洗ってみたりしても染みることは無く、皮膜も剥がれていませんでした。

魚をさばいているときにヒレなどで怪我した場合にも結構便利です。

無題

私が購入したものは地元のドラッグストアのPB商品ですが、同じような商品がたくさんあります。

 

タックルボックスに1つ入れておくと、もしもの時の備えになるのでおすすめですよ♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索