錆で動かなくなった「フィッシングプライヤー」は、サビ落としスプレーで動くようになるのか試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1572519198059.jpg

おはようございます、しょうへいです。

オフショアの釣りに欠かせないもの!! ……のうちの1つにフィッシングプライヤーが挙げられます。

必需品のアイテムですが、長年使っているとだんだん錆びてきます。

錆びるくらいなら気にしないのですが、開かなくなってしまったものも復活するのでしょうか!?

サビを落とせるスプレーで動くようになるの!?

wp-1572519198069.jpg

こちらのプライヤーが問題のプライヤーです。

もう軽く5年以上は使っているような気がします。

お気に入りのプライヤーで毎回ジギングのときには持っていっていますで、間違いなく100回以上は釣りに持っていってると思われます。

だんだん錆びてきて、とうとう写真の角度以上開かなくなってしまいました。

wp-1572519198059.jpg

ということで、登場してもらったのがこちらのMEIHO「塩噛み解消ムーススプレー」です。

缶にデカデカと「サビに効く!!」と書いてあります。

過去には塩噛みしたチャック竿のガイドの錆にも役に立ちましたが、5年以上使ってサビサビのプライヤーも復活することができるのでしょうか!?

とりあえずぶっかけてみる!

wp-1572519198074.jpg

というわけでまずは軽くスプレーしてみます。

スプレーすると白い泡が包み込むはずなのですが、錆がすごすぎて一瞬で紫になりました。

一瞬で紫になるということは、それだけ錆を落としているということなのかな……?

wp-1572519198096.jpg

夜になってから野外で作業しているのでちょっと写真が不鮮明ですが、1回のスプレーで表面に元のシルバーの部分が復活している箇所があります。

繰り返しぶっかけてみる!

wp-1572519198100.jpg

まだ、サビが残っていますので、もう一回ぶっかけてみました。

まだまだサビは落ちそうな感じです。

更に、もう一回!

スプレーをしたら1分ほど放置してから、洗い流して水けを拭いてまたスプレーを繰り返します。

3回目のスプレーでもまだ一瞬で紫色になります。

しかし3回目になると先ほどの状態より明らかにプライヤーが開きます。

4回目、5回目はスプレーをしたあと、泡の中でプライヤーを閉じたり締めたりしてみました。

関節にあたるヒンジの中にも、なるべく泡を入れてやろうという作戦です。

wp-1572519654612.jpg

5回目のスプレーでこの状態です。

かなり軽い力で開閉できます、復活しました!!

先端部分や内側の溝の部分にはまだまだ錆が残っていますが、元の状態よりは錆がとれていますし、軽い力で開閉できるようになったので十分だと思います。

残念ながらラインカッターの部分は復活できないので、PEのカットはできませんが、スプリットリングの開閉や魚からフックを外すようなときには使えますし、太いリーダーならなんとかカットできます。

最後にオイルをしみ込ませた布で拭いて次の錆を防ぎます、これならもう少しの間は使えそうです。

KURE556など潤滑油を塗れば、もっとスムーズに動きそうですし、サビを落としてから塗るのが良さそうですね。

恐るべし「塩噛み解消ムーススプレー」、これってすごいアイテムかも!?

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索