ハーフヒッチを増やすと強度が落ちる!?「新FGノット2020」の3つの検証と注意点

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1598437848563.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、動画で結び方をご紹介した「新FGノット2020」ですが、質問をいくつかいただいております。

  • 焼きコブまではハーフヒッチでいいか?
  • ノッターを使うことはできるか?
  • 焼きコブ無しでも良いか?

などなど

検証して、意外と面白い結果が出ましたので、細かいものも含め一気にお答えしたいと思います。

焼きコブまでをハーフヒッチで詰めても良いか

wp-1598437848551.jpg

新FGノット2020は「交互ぐるぐる巻き」をしたあとに焼きコブを作ります。

この焼きコブまでに、ノットの終端からどうしても間ができます。

ここまでの間も「交互ぐるぐる巻き」で詰めるようにしていますが、リーダーの長さが極端に短いのでやりにくさはあります。

また、本線を焼いてしまわないように、なるべく長めにリーダーを残して焼きコブを作りたいという方もいらっしゃるようです。

そこで、焼きコブまでの隙間を「交互ぐるぐる巻き」ではなく、ハーフヒッチで詰めても一緒かどうか確かめてみたいと思います。

編み込み回数は8セット→交互ぐるぐる巻きは6セット→焼きコブを作る→焼きコブまでの距離をハーフヒッチで詰めていきます。

ハーフヒッチ何回で詰めるかを変えつつ実験してみました。1セットは上1回下2回で1セットです。

ハーフヒッチ回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
4セット 10 91%
3セット 10.5 95%
2セット 11 100%
1セット 11 100%

結果がこちら。(3回づつやった平均です)

この結果だけ見ると、ハーフヒッチ回数が多いほど強度が下がると見えますが、実際は強度が毎回下がるのではなく、強度にバラツキが増えます。

ハーフヒッチを3セットやろうが100%でることもありますが、出ないこともあるし、その頻度が増えるという意味です。

以前も確認したことがありますが、PEラインとリーダーという組み合わせではハーフヒッチそのものに摩擦力がありません。

(写真はハーフヒッチだけでPEとリーダーを結束しようとしてすっぽ抜けた時のものです)

なのでハーフヒッチをした距離のぶんだけノットが少しズレ上がります。

新FGノット2020は、最初の編み込み後に増し締めをせず、ノットが完了してから締め込むか、負荷がかかったときに勝手に締めこまれる設計です。

ハーフヒッチの距離を増やしたノットを切ろうと引っ張ると、ノットがズレていくのが見えます。

そのまま綺麗にズレ上がってくれるのであれば締めこまれていくだけなのですが、どこかで編み込み等が崩れるとそこから切れます。

おそらくではありますが、どう締めこまれるかが不確定要素になるようです。

実際に、切っていてノット内部の変なところで切れる回数が増えると感じました。

がんばって「交互ぐるぐる」でノットを詰めるか、専用のラインカッターやUSB充電式の電熱カッターで焼きコブをギリギリまで作ったほうがよさそうです。

焼きコブは必須?

wp-1598437848555.jpg

焼きコブがめんどくさい!現地でライターを忘れた!本線まで炙りそうなのでやりたくない等等、焼きコブがなくても大丈夫かという質問をいただきました。

というわけで焼きコブ無しで実際に作ってみました。

wp-1598437848559.jpg

すっぽ抜けました。

なぜ、抜けるのかといえば、締め込まれる際に、焼きコブの1つ手前に作るハーフヒッチがリーダー断面を超えてほどけてしまうからです。

wp-1598441417518.jpg

焼きコブを作らない場合は、リーダー端糸を切り詰める前に締め込みをしてください。

交互ぐるぐるを行った後、ハーフヒッチで仮止めをしたあとによく濡らしてから締めみます。

よく濡らしてください、乾いていると締めこまれるときの摩擦熱でリーダーが破断することがありました。

この状態でリーダー端を切り詰めて、PE端糸を本線にハーフヒッチ+エンディングノットでほどけないように処置しておけば、90%~100%ほどの強度がでます。

ノットがズレないところまで締めこむというのが大事なようです。

ノッターを使っても結べるか?

wp-1598437848563.jpg

実際にやってみました。私もノッターは好きで、風のある船の上でも結びやすいからです。

編み込みまではノッターを使って普通のFGノットを編み込みます。ここまでは同じですが交互ぐるぐるが難しいです。

wp-1598437848567

最初の編み込みが終わったら、編み込みが崩れないようにリーダーの端を一旦ノッターの上(本線側)に挟みます。

wp-1598437848570.jpg

リーダー本線側を真ん中から外して、下側(PE本線側とは逆)に付けなおします。

wp-1598437848575.jpg

そして上側に付けていたリーダー端糸を外します。

これで交互ぐるぐるが可能になります。

実際にノッターを使って仕上げてみたものを測ってみましたが、強度は同じです。

交互ぐるぐるがやりにくければ、最初の編み込みが終わった時点でノッターから外してしまっても良いと思います。

編み込みが苦手という方はノッターを使っても大丈夫そうですが、リールからラインを張って結ぶやり方は結構素早く簡単に結べますので、一度お試しください♪

【動画付き】素早く結べてコンパクト!100%強度の「新FGノット2020」の結び方

たくさんの反響と質問をありがとうございました。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索