転ばぬ先の杖!あのアイテムで「巻きすぎて竿先が折れるリスク」を大幅軽減!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1601039020327.jpg

おはようございます、しょうへいです。

オフショアでも意外と竿先が繊細な竿を使うことが多くなりました。

SLJ、イカメタル、ボートアジング等々。

アタリを取るために当然竿先も細くなるのですが、金具を巻き込んでしまった場合、一発で竿先が折れてしまうこともあります。

そんな巻き込み事故を、50円以下のアイテムで防止する方法を教わったので紹介したいと思います。

1つ50円以下で竿先が守れるかも!?

wp-1601039267061.jpg

竿先が繊細な釣りをしていても、どうしても仕掛けとの接続に、スイベルなど金属パーツを利用することはよくあります。

もちろん、金属パーツを巻き込まないように注意していればいいのですが、うっかりしていたり夜の釣りなどで見にくいときなど、写真のように金属パーツをトップガイドに巻き込んでしまうと、最悪竿先が折れます。

SLJでも、浅場で速巻きしていると、勢い余って「ガチン!」と、やってしまうこともあります。(やったことがあります・泣)

イカメタルであれば、ドロッパー(エダス)で利用したり、最初からヨリモドシの為にサルカンが付いていたりします。

最近、私はイカメタルはクレイジーオーシャンのオーシャンスピアという4.5fの短い竿を使っています。

感度バリバリで楽しいのですが、竿より仕掛けの方が長くなることがあります。

すると、イカを取り込むときに竿先に金属パーツが入りそうになることもあります。

というわけで、クレイジーオーシャンの方に巻き込み破損を防止する裏技を教えてもらいました。

wp-1601039020332.jpg

用意するのはこちら!

ウキ止めのゴムです。堤防などでウキ釣りをするときに使うお馴染みのやつです。

1袋50円で買える黒いゴムもありますが、おすすめはカラータイプのものです。10個入りで500円~300円くらいと1つ30円〜50円程度で購入できます。

wp-1601039020337.jpg

これを竿先に通したライン→浮きゴム→金属パーツと通すだけです。

これだけで金属パーツを巻き込んだ時にクッションになります。

なぜカラーのウキゴムが良いかというと、目立つからです。

目立つのでこれ以上巻いたら金属パーツだよ、というのがすぐにわかります。

wp-1601039020310.jpg

やってみましたが、確かにクッションになります。

私は、イカメタルでもリーダーを必ずつけるので、リーダーとの結束で気づくこともありますが、最近はPEを金属パーツに直結の方も多いようで、その場合の警報装置としても役に立つかもしれません。

実際に、この状態で釣りをしてみましたが、特に感度などに悪影響が出たという感触もありませんでした。

巻き込みすぎるとどうなるのかは、こちらの動画で見ることができます。

こちらはメタルトップ(穂先がチタン)ですが、それでもやはり竿は破損してしまうようです。

初心者の方に竿を貸したりする場合に、転ばぬ先の杖として付けておくのも良いかもしれません。

クレイジーオーシャンさん、教えて頂き、ありがとうございました!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索