FGノットは焼きコブなしでもリーダーを折り返して締め込めば大丈夫!?強度検証も!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1602579198814.jpg

おはようございます、しょうへいです。

前回、ヒロ内藤さんの動画(パロマーノット)を紹介したところ、同じようにヒロ内藤さんのFGノットの動画でやっている内容も検証してほしいとリクエストがありました。

実は、私もその動画の内容はチェックしてたのですが、注目したのは強度より焼きコブを作らなくても済むかも!?という点でした。

引っかかる、作りにくい、メインを焼いてしまうなどの理由で焼きコブを作りたくないという方はけっこういらっしゃるようです。

実際に手順を追って試してみました♪

リーダーを折り返して締め込む!?

wp-1601368444747.jpg

ノットに焼きコブでストッパーを作ると、そこでノットがせき止められます。

これまでにも焼きコブでPEのメインラインを焼いてしまわないようにするための方法をいくつか試していました。

PEラインを焼いてしまうリスクを回避① 焼きコブを遠くに作ってズラす!強度はでるの?

ノットに焼きコブを作りたくない方に!リーダーにわざと傷をつけてストッパーにする方法

どちらも焼きコブを作ってズラすか、焼きコブの代わりになるものを作るという方法でした。

なぜ焼きコブを作るかといえば、新FGノット2020の締め込みの支点にする為です。

新FGノット2020の結び方はこちら

ノットの途中に仮止めや編み込みのハーフヒッチをしないことで、焼きコブが締め込みの支点になり、綺麗に締め込まれ強度が出ます。

締め込みの前に焼きコブを作ることが、強度を出す重要な役割を果たしていますので、焼きコブは必要なのですが、PEラインを焼くリスク回避や、ノット抜けを良くする為など、作りたくない方も多いようです。

そして今回注目したのはこちらの動画。

前回に引き続きバスプロ界のレジェンド、ヒロ内藤さんの動画です。

動画の3分半くらいから注目です。

wp-1602579198791.jpg

FGノットの最初の編み込みまでは同じです。

従来のFGノットですと、ここでハーフヒッチで仮止してから締め込みます。ハーフヒッチを作らなければ引っ張ったときに編み込みが崩れてしまうからです。

しかし、このハーフヒッチこそが、締め込みを邪魔して、強度が低下する原因では!?ということも確認しています。

wp-1602579198814.jpg

動画では、ハーフヒッチを作らずに、リーダーを折り返して、2本のリーダーと2本のPEラインを引っ張って締め込むという方法が取られていました。

やってみましたが、確かにハーフヒッチがなくても、FGノットの編み込みは崩れませんし、ノットも締まっていきます。

目からウロコの方法です♪

pefg

その後、リーダーメイン側+PEラインの端側と、メインのPEを持って締め込んであげればさらに締め込まれるそうです。

締め込んだ後にリーダーに折り目がつきますが、リーダーのメイン側と端側を強く引っ張ればある程度戻ります。

wp-1602579198819.jpg

そのままハーフヒッチで仕上げれば従来通りのFGノット、交互ぐるぐる巻きにすれば新FGノット2020とほぼ同じ構造になります。

動画の中では切り詰める前に、エンディングノットを作って小さなFGノットを作っていました。この方法はFGゴーストノットと同じ構造になります。

どうフィニッシュさせるかは、キャストさせるのか、補強をしたいのかで使い分けをすれば良いと思われます。

wp-1602579198832.jpg

今回は、ジギングで使うことを想定してレリックスノットや新FGノット2020で使う「交互ぐるぐる巻き」をし、焼きコブを作らず、代わりにリーダーを折りたたんで引っ張って締め込みました。

この後ハーフヒッチで仮止めをすればもう解けてくることはありません。

その後、リーダーを切り詰めてリーダーの末端までハーフヒッチ+メインのPEにハーフヒッチで完成です。

wp-1602579198825.jpg

見た目は同じようにできました♪

PE2号とリーダー8号での組み合わせですが、難なく締め込むことができ、ちゃんと締め込みができていればノットが動くこともありません。

wp-1602579198838.jpg

強度を測ってみましたが、この方法でも強度は95%前後と高い強度を発揮します。

ただ、切れ方は、焼きコブを作った時とは異なりました。

おそらく、FGノットの編み込みと、交互ぐるぐる巻きが切り替わるあたりでPEが切れます。

写真ではすっぽ抜けているように見えますが、すっぽ抜けではなくノット内部のPEが切れたことでリーダーが抜けています。

練習も含めて6回以上結んでみたのですが、100%強度を達成している新FGノット2020のように、リーダーが切れるor高切れは1度もありませんでした。

焼きコブをストッパーにして同時に締め込む方法に比べて、2度に分けて締め込んでいるので、結び方が切り替わる部分に少し隙間ができるのかもしれません。

それでも十分すぎる強度は発揮しています。

焼きコブがないのでガイド抜けがいいのはメリットです。フィニッシュを動画の通り、FGゴーストノット状態にしてキャスィングで使うのが良いかもしれません。

リクエストありがとうございました♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索