「往復しないPRノット」は何回転させれば強度が出るの?検証してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1603797934219.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日紹介しました「往復させないPRノット」。かなり便利な方法です♪

しかし、往復させないということは、その分摩擦力はどうなるのでしょうか!?

どれだけ回転させれば強度がでるのか、実際に試してみました。

どのくらいのぐるぐるで強度がでるの!?「往復させないPRノット」

中村豪さんが紹介されていた「往復させないPRノットです」

PRノットといえば、ぐるぐるを往復させていましたが、往復させないことで、いろいろなメリットがありました。

ただ、往路はぐるぐる巻きにしていませんので、回数は減っています。摩擦力はどうなっているのでしょうか!?

以前、PRノットの巻き回数については検証したことがあります。

噂の検証②「PRノット」の巻きつけ回数の違いによる強度テストもやってみた!

古いPEラインを使った結果なのですが、40回転くらいから強度が出ています。

(もう4年も前のことで自分でびっくりしています)

wp-1603797934200.jpg

先日のご紹介した通り、往復させない方法でPRノットを結びます。

PEは2号、リーダーはフロロカーボンの8号です。

wp-1603797934212.jpg

前回と同様、20回ぐるぐるすると1㎝ほどの長さになります。

PEラインが細ければもっと短くなりますし、PEが太くなればもっと長くなります。

解説動画では焼きコブを作っていますが、今回は焼きコブを作らずに検証します。

焼きコブがあればストッパーになって抜けにくくなりますが、回転数での比較が知りたいのであえて作りませんでした。

PRノットの巻き付けのあとは、ハーフヒッチを1セット(上1回・下1回)して解れないようにだけしておきます。

PRノットの巻き回数で強度はどうなった!?

今回は3回づつやった平均値を掲載します。

巻きつけ回数 巻きつけた長さ 切れた負荷(Kg) 切れた箇所 結束強度
20回 1cm 3 すっぽ抜け 27%
30回 1.5cm 6 すっぽ抜け 55%
40回 2cm 10.2 ノット内で破断 93%
50回 2.5cm 11 ライン高切れ 100%

往復ぐるぐるのときとさほど変わりませんが、間違いなく100%の強度がでるのは50回ぐらいからのようです。

wp-1603797934216.jpg

やはり回転数が少ないとすっぽ抜けるようです。

40回のときは、抜けるわけではありませんが、ノットが滑ってノット内部でPEラインが切れることがありました。

50回以上の時は100%の力がでました。

PRノットを往復させずに結ぶ時は、少し多めに50回以上巻いてみてください。

焼きコブがあると、また結果が変わってくるかもしれないので、また試してみたいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索