寒い釣りの日に!ワークマンの新作「真空保温ペットボトルホルダー」の実力を試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます、しょへいです。

本格的に寒くなってまいりましたね。

私は雪国に住んでいるので、車のタイヤをスノータイヤ(スタットレスタイヤ)に履き替えました。

寒くても釣りにいきたいのですが、どうせなら暖かい飲み物が欲しいところ。

ワークマンの秋冬の新作「真空保温ペットボトルホルダー」が凄い!と聞きましたので、いったいどのくらいスゴイのか実際に買って試してみました。

ワークマンの秋冬新作「真空保温ペットボトルホルダー」を買ってみた!

wp-1606554980360.jpg

こちらがワークマンから発売の「真空保温ペットボトルホルダー」というアイテムです。

カラーが4色ありますが、私はカーキーを買ってみました。

wp-1606554980378.jpg

大きさは500mlのペットボトルを二回りほど大きくした感じで、ステンレス製の保温ケースになっています。

これにズボっと暖かいペットボトルを差し込むだけで保温が可能というスグレモノだそうです。

wp-1606554980370.jpg

蓋をあけて、ペットボトルをセットして、上からフタをまた差し込むだけです。

500mlのペットボトルを入れてみましたが、頭が少し出ている形です。

保温ボトルに入れたままでも飲むことが可能ということで、いちいち取り出さなくても良いようです。

wp-1606554980374.jpg

フタがちょっとキツいな?と思いましたが、逆に言えば保持力があります。

逆さにしてもペットボトルが落ちてくることがありません。

スポスポ抜けるようでは困りますので、これは良いですね♪

wp-1606554980341.jpg

やはり、気になるのは「保温力」です。

パッケージにグラフが書いてありますが、実際の実力が気になるところ。

気温が低くても実際にグラフのような保温力があるのでしょうか?

こちら、温かい飲み物以外にも、冷たい飲み物の保冷もイケるようですので、夏でも使えそうです。

wp-1606554980366.jpg

というわけで、実際に中に60度のお湯を入れたペットボトルをセットして実験してみます。

本日の外気温は7度(18時開始)で雨が降ていてまあまあの寒さ。

やっぱり暖かい飲み物が欲しいな〜と思う気温です。

この状態で室温9度の物置に3時間放置してどうなっているか見てみました。

wp-1606564966007.jpg

3時間後…なんとペットボトル内に結露がたまっていてほのかに暖かいです。

そしてお湯は36度をキープしています。

wp-1606554980341.jpg

確かにグラフ通りですね!

隣にペットボトルのままのお湯をおいておきましたが、そちらは室温と同じくらいまで冷めていたので、効果はしっかりとあるようです。

スタートが60℃でしたが、ポットから90℃ぐらいのお湯でしたらもうちょっと高い温度を維持できそうです。

いつまでも温かいというわけではありませんが、温かさがそこそこキープできるのは嬉しいですね。

ちなみにお値段は980円!とコスパ◎♪

超人気商品らしく、もうネット販売は終了しているようです。ワークマンの近くを通られた際はぜひ寄られてみてください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索