素早く結べる!? PRノットをセキ糸で作る「セキ糸PRノット」を試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1611568200556.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、会長から「PRノット(ボビンノット)をスレッドで作ってみたら組めたんだけど、ちょっと強度測ってみて〜」とLINEが来ました。

なんでも、PRノットは結ぶ度にPEラインをかなり消費するので、あまり好きではないのと、ノットを組む度にボビンにPEラインを巻くのが時間がかかるので、セキ糸のように別に用意したラインで作れないか試してみたそうです。

確かに、別のラインでPRノットを作れるようになれば、リール自体に巻いてあるPEラインの消費も抑えることができますし、ノットの度にいちいちボビンにPEラインを巻く必要がなく素早くノットを組めます。

ということで、早速やってみました。

PRノットはセキ糸で作ることはできるのか!?

wp-1603797934200.jpg

PRノットは専用のボビンワインダーなどで、PEラインをリーダーに巻き付ける摩擦系のノットです。

かんたんなPRノットの結び方はこちら→えっ!往復しない方がいい!?目からウロコ!中村豪さんの「往復なしPRノット」の結び方

PE2号では、強度100%を達成できましたし、非常に強度が安定している結び方で愛用している方も多いと思います。

しかし、人によっては結ぶ度にPEラインを大量に消費するのが嫌だという意見もあります。

確かに、PEラインを巻きなおすときに測ってみたら、300m巻いてあったPEが250mほどまで消費していたとうこともありました。

wp-1611568200618.jpg

ということでセキ糸とボビンホルダーを用意しました。

セキ糸は、薄く巻けるように「ヴィーヴァス GSPスレッド」を使いました。

 

アシストフックを作るときにおすすめのスレッドで、PRノットが細く作れるのではないかと期待できます。

wp-1611568200605.jpg

組み方ですが、PEとリーダーをただ重ねて、スレッドの先を一緒に指でつまみ、重なっているラインの上にぐるぐるとボビンでスレッドを巻き付けていきます。

wp-1611568200608.jpg

巻き付けだけ完了した状態です。

スレッドを巻き付けただけですので、左右に端糸ができています。

とりあえず2回ほどハーフヒッチをしてからエンドノットでほつれないようにしておきました。

PEの端糸もエンドノットで留めておいて、リーダーの端糸はギリギリでカットします。

wp-1611568200592.jpg

スレッドは組糸と違い、強度のある繊維が束なっているだけです。

解れたり毛羽だったりしないように、表面を薄く接着剤で固めてみました。

お急ぎの方は、アルテコなどの瞬間接着剤用の硬化促進剤を使うと完成が早くなります。

wp-1611568200602.jpg

接着剤を使いましたが、意外とノット部は固くないです。

というわけで「試作第一号」ができました。

パット見は、普通のPRノットと同じに見えます。スレッドが薄いので細く仕上がっている気もします。

PEは2号、リーダーは8号で作り、巻き付ける長さは2.5㎝ほどにしてみました。

「セキ糸PRノット」の耐力は!?

wp-1611568200563.jpg

意気揚々と引っ張って強度を見てみようと思いましたが……結果はすっぽ抜けてしまいました。

先ほどの、第一号とPEの色が違いますが、何度か試した為です。

wp-1611568200560.jpg

巻き付けを4㎝ほどに増やしてみて、リーダーの末端を焼きコブを作ってみました。

こちらの「改良版第2号」では9kgくらいの力まで耐えましたが、やはりすっぽ抜けます。

どうも摩擦力が足りないようです。

接着剤で固めていますがそれでも抜けます。接着剤は表面塗っているだけですので、摩擦力を上げる効果はないようです。強度を上げるなら強いアシストフックを作るときのように、先にセキ糸の下に塗る必要があるかもしれませんが、それは難しそうです。

考察タイム

3

PEラインは4本や8本などに組まれたラインです。

一方スレッドは組まれておらず、繊維を束ねているだけです。

組まれたラインは表面に凹凸ができますが、スレッドではその凹凸がありません。そしてリーダーの表面はつるつるです。

表面に引っかかりが無く、噛み合わないために摩擦力が足りないのではないか!?

ということで巻き回数をもっともっと増やしてみます。

通常のPEラインで行うPRノットは50回転ほどさせていましたが、100回転ほどにしてみます。

wp-1611568200616.jpg

さらに加えて、巻き付けるテンションも強くしてみました。

ボビンホルダーの足にスレッドを巻き付ける回数を増やすことで、テンションを強くできます。

wp-1611568200539.jpg

ノットの長さは6㎝ほどになりましたが、強度を測ってみたところ、11kg(ほぼ強度100%)を達成しました。

通常のPRノットよりも多くの巻き付け回数が必要なようです。

ただ、PE2号は11kgほどの強度で100%近くになりますが、太いラインだともう少し摩擦力を出さないと100%の強度に到達出来ないかもしれません。

セキ糸で作るのがいいかどうかはわかりませんが、使い古した別のPEラインなどでPRノットを組めたら、ノットを組む度にボビンにPEラインを巻く必要がなく便利かもしれません。

また、改良できそうな点がありましたら改良して挑戦してみたいと思います。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索