もしかして一番簡単なノットに!?「交互ぐるぐる巻きだけノット」は成立する?試してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

簡単に素早く結べて100%強度を達成した「新FGノット2020」ですが、強くなった一つの理由に、レリックスノットで使う「交互ぐるぐる巻き」があります。

最初、普通にFGノットの編み込みをした後に、

リーダーだけ→PEラインとリーダー→リーダーだけ→PEラインとリーダー→リーダーだけといった感じで交互にぐるぐる巻をするのですが、

この「交互ぐるぐる巻き」の回数で強度が変化します。

もしかしてだけど、この「交互ぐるぐる巻き」だけでノットは成立するかも?

ちょっと気になるところです。

これだけでノットが組めたら、メチャクチャ簡単なノットになります。とりあえず一度結んでみました。

「交互ぐるぐる巻きだけノット」を結んでみる

「交互ぐるぐる巻きだけノット」は、とても簡単です。

リールからPEラインをピーンと張って、ショックリーダーを上にのせます。

PEラインをリーダーに一回ぐるっと巻きつけて

ピーンと張ります。

今度はPE本線とリーダーを一緒にぐるっと巻きます。

このように、リーダーだけ→PEラインとリーダー→リーダーだけ→PEラインとリーダーのように、交互にぐるぐる巻きだけをしてノットを組んでみます。

28回(14セット)巻いた後に、リーダーを切って焼きコブを作り、

焼きコブまで詰めて、

最後の一回だけハーフヒッチで止めました。

こんな感じで出来ました。合計30回(15セット)巻きになります。PEの端糸が長いのは気にしないでくださいw

「新FGノット2020」から、最初のFGノットの編み込み部分を省いてぐるぐるするだけですので、かなり簡単に結ぶことが出来ました。

新FGノット2020の結び方の「交互ぐるぐる巻き」の部分と「焼きコブとハーフヒッチ」のところの動画を載せておきます。

とりあえず、一度切ってみる

強度を測るための「ドラグチェッカー」はしょうへいちゃんに渡しているので、手元にありません。

とりあえず、締込み棒で引っ張って切ってみました。※写真はイメージです。

使ったPEラインは3号ですので、普通に引っ張っただけでは、なかなか切ることができませんので、切るだけで大体の強度は分かります。

かなり強かったですが、切ることは出来ました。

わかりにくいですが、恐らく「一番最初の交互ぐるぐる巻き」の部分で切れています。

切った感じでは、かなり強く、ノットとしては成立していますが、100%強度はいっていない感じです。

試しに「新FGノット2020」で結んで

同じように、切ってみましたが、やはりこのノットは超強烈です。

PEラインは、オシアのEX8PEの3号で、60lb(27kg)もありますので、全然切ることが出来ず。

明らかに先程の「交互ぐるぐる巻きノット」とは強度が違います。

立ち上がって、渾身の力でようやく切れました。さすが、ノットはそのまま残っています。

切り比べてみて、間違いなく「交互ぐるぐる巻きだけノット」は100%強度はありませんが、そこそこの強度は出ていそうです。

とりあえず、明日しょうへいちゃんにドラグチェッカーで、30回の強度テストと、40回にすると強度が強くなるのか試して貰います。

今回、最初のFGノットの編み込みを完全にゼロに省きましたが「新FGノット2020」は、「交互ぐるぐる巻きだけノット」に「最初のFGノットの編み込みを8セット」加えたものです。

そういえば、新FGノット2020の「最初の編み込み回数が本当に8セットも必要なのか?」のテストはやっていませんので、その辺も含めて調査してみたいと思います。

さらにコンパクトで簡単なノットになるかもしれません♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索