超簡単!アシストフックの向きの固定(根巻き)を素早く綺麗に巻く3つのコツ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

コロナの影響で釣りに行くことが出来ず、今週末ご自宅でアシストフックを自作された方も多いのではないでしょうか?

アシストフックは、ニードルを使って溶接リングにアシストラインを固定する方法と、溶接リングにアシストラインを結びで固定する方法があります。

結ぶ方法で作ると、どうしても「フックの向き」が思い通りの方向に向かないことがあります。

根巻き(セキ糸でぐるぐる根本を巻く)することがあるのですが、意外とコツを掴むまで結構手間が掛かります。

ポイントさえつかめば、凄く簡単に素早く出来るようになりますので、今日は私が根巻きする時のコツを3つご紹介したいと思います。

超簡単!アシストフックの向きの固定(根巻き)を素早く綺麗に巻く3つのコツ

アシストフックを結びで作りました。今日は作り方は割愛します。左右の結ぶ回数が違うのは気にしないでください。。今気づきましたw

1つ目のポイントですが、セキ糸でフックの向きを固定する場合、「リングにアシストラインを二重結びにしない」ほうがおすすめです。

二重結びとは、このようにリングにだけでなく、アシストライン側も二重に結ぶ方法なのですが

アシストフック ソリッドリング(溶接リング)とアシストラインの結び方(二重結び)

↑結び方はこちら

この結び方をしてからセキ糸で根巻きしても、二重結びのところで固定の形がほぼ決まってしまいますので、いくら根巻きしてもあまり意味がありません。

セキ糸で根巻きする場合は、一回だけ引っ掛けるのがおすすめです。

根巻きにはボビンホルダーを使います。

 

ボビンホルダーはこちらが、安くて高機能で「そこそこ重さ」がありますのでおすすめです♪

「そこそこの重さ」が重要なのですが、理由はあとでご紹介します。

もうひとつあると便利なのが「アシストフック用締込みツール」です。※なくても出来ますがあると大変便利です♪

 

こちら、締め込むだけでなく、根巻きの為にも作ったのですが、なかなか説明が大変なので、紹介が遅れてしまいました。

まず、こちらのツールの長穴に引っ掛けて、引っ張ります。

まだ一重しか結んでいませんので、長さが揃いますし、向きもこの形で決まります。

アシストラインが真っ直ぐに二重に揃うのもおすすめのポイントです。

この締込みツールをこのように左手に握りこみ、小指と薬指で抑えます。

次に、親指と人差し指で、アシストラインを抑えます。

※手を握るとフックに触れてしまいますので、締込みツールとアシストラインを抑えている4本の指だけに力を入れます。

このアシストラインを抑える位置が2つめのポイントで、根巻きしたい場所だけが露出するように抑えます。

やりながら説明します。

セキ糸をボビンホルダーから少し引き出します。

 

セキ糸はヴィーヴァスのGPSスレッドが薄く巻けるので好んで使っています。

右手で「溶接リング」と「セキ糸」を一緒に抑えます。

こんな状態になります。

そしてぐるぐる巻くのですが、写真では説明しづらいので、10秒ほどの動画で

このボビンホルダー、そこそこ重いですので、ぐるぐるが楽チンで、ラインが短くなっても遠心力で程よくちょっとずつラインが出ます。

既にお持ちの方で、ゆるいなーという方はアームをもう少し曲げることでテンションを強くすることが出来ます。

ぐるぐる回す時に、このように持てば安全なように見えますが、根巻きしない部分を指で覆い隠さないと、ボビンがあっちこっち行くのでなかなか難しいです。

指で覆い隠して、セキ糸を巻きたい部分のみを露出させて巻くと、適当にぐるぐるしても、その部分にしか巻けませんのでおすすめです。

セキ糸は結ぶ必要はありません。結んでも解けやすいので、結ばずに、瞬間接着剤を一滴付けます。

ダイソーの「速乾」と書いてあるものがおすすめです♪

1分ぐらいでほぼ乾燥しますが、待つのが嫌な方は、瞬着硬化スプレーがおすすめです♪

個人的に、一瞬で固まって低臭の「ウェーブ」の方が好きですが

容量的にお得なのは「アルテコ」です。タンスにゴンの臭いがして、固まるまで数秒ほど掛かります。

ヴィーヴァスは繊維が細い為、接着剤が染み込みやすく、全体に固まって全然解けませんので、結ぶ必要はありません。
※解くほうが大変です♪

ハサミで根元までカットします。

 

スパシザーSTは先尖りで先までギザギザがあり、ヴィーヴァスのような強い繊維でもスパッ!と切れますので、一本持っていると大変便利です♪

これで完成です♪

ちなみにですが、フックの向きのおかしいアシストフックを無理に揃えて根巻きしても、向きを直すことは出来ないようです。

変な向きにならないように固定する為の方法ですので、最初から向きをしっかりと固定して根巻きするのが重要です。

使ったフックはステキ針の「輝-ヒカリ」です。

スローピッチやライトジギングにめちゃおすすめのフックですので、こちらでも是非一度アシストフック作りに使ってみてください♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索