【PEアシストライン編】PE素材のアシストラインに作った「結びコブ」の強度を調べてみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1591344907029.jpg

おはようございます、しょうへいです。

前回、シーハンターで作る鯛ラバ仕掛け(結び目)の強度を調べました

シーハンターは結びコブがあると、そこから切れてしまうということがわかったのですが、以前からよく質問をいただく「根掛かり対策でわざと一定の力で切れるアシストフック」のヒントになるのではないのか!?

ということで、PE素材のラインで同じ実験を再度やってみて〜と会長から連絡がありました。

PEのアシストラインでは、シーハンターとは違う意外な結果がでました。

PEアシストラインでタイラバ仕掛けを作ってみる

wp-1591344907029.jpg

PE素材のアシストラインを用いて、同じく鯛ラバ用の仕掛けを作ってみました。

ラインはシーハンターと同じYGK(よつあみ)から発売されている、スクラム16の8号80lb、フックはジガーライト早掛11号です。

フックのジガーライト早掛11号はパッケージには耐力7.1㎏と書いてあります。

wp-1591344897443.jpg

スクラム16の80lbといえば、kgに換算すると約36㎏です。

前回のシーハンターと同じく8号で揃えてみましたが、シーハンターは約55lbです。

スクラム16は、結構お気に入りのアシストラインで、SLJ用のフックを直接外掛け結びなどで作るのに便利でよく使っています。

2年ほど使って大鯛や中型のヒラマサ、ブリなど掛けたことがありますが未だに切られたことはありません。

それでも、結び目ができるとそこが弱点になることがありますので、どのくらいの強度劣化があるか気になるところ。

wp-43.jpg

前回同様、作った仕掛けを一斗缶にぶら下げて、デジタル計りにぶら下げた状態で持ち上げる、という方法で実験をします。

※危ないのでフックの先にシリコンチューブを被せています。

一斗缶に水を足していって何㎏まで耐えられるのか調べます。

ちなみにですが、前回のシーハンターの実験では、7㎏前後で結び目が切れてしまいました

PE素材のラインでは…!? 結果が気になります。

実験の結果は!?

wp-1591344897446.jpg

少しずつ水を足して調べます。

シーハンターの時の7㎏はクリア。もともとのラインが強いのでそうかもしれません。

8㎏の時点でフックが伸び始めました、10㎏の時点で完全にフックが伸び切ってしまいました。

結び目、外掛け結びも共に問題ありません。

wp-1591344897445.jpg

フックは折れはしなかったのでひっかけることもできるのですが、いきなり伸び切ったり折れたりしたら怖いので14㎏を超えた時点で実験をちょっと変更。

結びコブを2つつくり、一斗缶の取っ手に直接ひっかけてぶら下げていくことにしました。

このまま一斗缶に水を加えていきますが、満載の19㎏(水18㎏と一斗缶そのものが約1㎏)まできてもまだ切れません。

困りました(笑)

一斗缶を足で踏んで思いっきり引っ張ってやっと切れました、スケールの表示は25㎏を超えた瞬間までは目撃しました。

シーハンターは、結び目で30%まで強度が低下することがありますが、PE素材のスクラム16は70%はありそうな予感です。

もしかして、これめちゃくちゃ強いかも!?

ラインを選ぶ基準は強度、硬さ、使いやすさ、値段などいろいろありますが、PE素材は結び目ができてもかなり強そうというのがわかりました。

ただ、シーハンター8号で結びコブ作ってもも7kgありますので、ドラグ1kg前後で使うような鯛ラバには全く問題ないと思います。

7kgといえば、フックにも曲がるなど影響が出始める強度ですし。

一定の負荷で切れるアシストラインの完成までには、もう少しいろいろ試してみる必要がありそうですが、今後の参考になると良いですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索