ブリやヒラマサなど青物のウロコ落としに100均の「柄付ステンレスたわし」がおすすめ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先月ぐらいに、魚のうろこ落とし(ウロコ取り)に、ステンレス製のワイヤーブラシをご紹介しました。

これも超便利!約300円で買えちゃう「ステンレスブラシ」がウロコ取りにかなりいいぞ!

その時に、いろいろなウロコ取りをコメントで教えていただきました。ありがとうございます。

中でも、金属タワシ(ステンレスたわし)が、青物のウロコ落としに最強というメッセージを何件か頂きましたので、早速買っては来たのですが、たわしがあっても青物がない。。。

ようやく先日、ウロコ落としを他試せそうなブリが釣れましたので、実際に使ってみました。

「ステンレスたわし」は、青物のウロコ落としに最強!?

先日、10kgクラスのいいサイズのブリが釣れましたので、「ステンレスたわし」が、うろこ落としにどれだけ向いているのか試してみることにしました。

予め、ネットでいろいろ調べてみたら、料理屋さんでも青物やヒラメなど柔らかめのウロコ落としには、金属タワシを使われているそうです。

100均に売っているということですので、ダイソーに行ってみたところ、4つ入りで100円のものと、1つだけど柄付きで100円のものがありました。

柄付きのものが特におすすめとのことですので、まずはこちらから試してみました。

写真を取りながら、うろこを落とすのは大変ですが、ちゃんと利き手で握ると握りやすくて非常に便利です。

軽くこする感じではなく、力を入れてこすると、ちょっとジョリっ、ジョリっ!という音がして、ウロコが取れているのがよく分かります。

思い切り力を入れても、皮や身にまでダメージを与えないのがいいですね。

これはやりやすい!

取れたウロコを撮影するために、水を流しながらしてませんが、水を流しながら取ればあまりたわし側にウロコが残ることも無さそうです。

実際、少しウロコが隙間に残っていましたが、水で洗い流せば意外と簡単に取れました。

使い捨ての覚悟はしてましたが、何度も使えそうです。

柄付きじゃないほうも試してみます。こちらは4個入と大変お得で一個あたり25円です。

ネットで調べたと時は、ほとんどの方が柄の付いていないものを使われていました。

どれどれ。。

柄付きも、柄なしも同じものかと思っていましたが、柄なしの方は若干柔らかい感じがします。

ウロコは取れますが、背びれなどに引っかかると柔らかいせいか、ビロビロと出てきます。

多分スパイラル状に毛糸のように丸めてあるからかもしれません。

圧倒的に、この柄付の方についているステンレスたわしのほうが使いやすいですし、柄付きは圧倒的に力が入りやすく、直接てでたわしを触らなくていいのも便利です。

価格は4倍しますが、もちもこちらのほうが良さそうですので、こちらを購入するのがお薦めだと思います。

後で家にあった、鉄板を磨く為の「ステンレスたわし」を見てみたら、そちらは固くて結構良さそうでしたが、どこで買ったのかも、値段も全然覚えていません。

25円ですので柔らかいのかもしれませんが、100円ショップの柄なしのステンレスたわしはあまりおすすめは出来ません。

真鯛などは全然駄目らしいですが、ブリやヒラマサなど青物はもちろん、ヒラメなどウロコが柔らかくて面積のある魚の場合は、圧倒的に便利だと思います♪

ダイソーにお立ち寄りの際は、是非キッチンコーナーで「柄付ステンレスたわし」探してみてください♪

1つ、2つ買っておくと、大変便利ですよ♪

いつも、いろいろな情報、ありがとうございます!

教えていただいた情報を試すための、魚が釣れなかったり、思いの外検証がうまくいかなかったりして、なかなか記事にすることが出来ない情報も溜まっていますが、いい結果が出次第記事にしたいと思います♪

もうしばらくお待ち下さい♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索