本当に美味いの? ジギングでお馴染みの外道E・S・O「エソ」をカマボコにしてみた!

Pocket
LINEで送る

DSC_7134[1]

みなさーん、エソってますか~~~~!!

おはようございます。シェフしょうへいです。

ジギングでおなじみの外道といえばE・S・O「エソ」。

着底と同時にヒット!なんてこともよくありますね。

そんな「エソ」は、みなさん御存知の通り、高級カマボコの原料などによく使われている魚です。

今回は、高級エソカマボコを自宅で作ってみました♪果たして本当に美味いのでしょうか?

憎いアンチクショウを叩け!

DSCF0194[1]

こちら福井県産の新鮮なエソです(笑)

まずはエソを3枚におろして、皮を引いた状態にします。

DSCF0225[1]

意外と綺麗な身をしていますね、そのまま刺身でたべられそう。

でも今回はカマボコなので、これをまずは包丁で細切れにします。

DSCF0227[1]

ちょうどアジなどのタタキを作る要領です、細かい骨なども一緒に砕いてしまいます。

ここからは文明の利器を使いましょう。

DSCF0228[1]

フードプロセッサーに入れて、すり身にしていきます。

長時間フードプロセッサーにかけるとフードプロセッサーのモーターが焼けてしまいますので、少しずつ時間をかけてすり身にしていきます。

途中で味付けに塩一つまみ、つなぎに片栗粉1つまみと卵白半個分を入れます。

さらに氷を1個か2個ほど入れて一緒にフードプロセッサーにかけます。

氷を入れることで、身の温度が上がってしまうことを防いでくれます。

本来、この後すり鉢ですってやると滑らかになるのですが、今回はこのまま荒っぽい歯ごたえのあるカマボコにしてみたいと思います。

滑らかなカマボコを作りたい場合は、すり鉢で20分ほどすって粘りを出すといいようです。

DSCF0234[1]

あとはカマボコ板の上にもりつけます・・・・・・・難しいですね、ヘタクソですいません^^;

このまま蒸し器にいれ、弱火で20分蒸しました。

DSC_7134[1]

できました。

表面をバーナーで炙って焼きかまぼこ風にしてみました。

味の方は。。。かまぼこです(笑)味付けは塩だけですが、魚の味が強く、確かに高級な味がしますw

DSCF0237[1]

カマボコ板に乗り切らなかった分は、はんぺんの形に丸めてお湯にくぐらせました。

DSC_7154[1]

フライパンで焼けば焼きはんぺんの完成です、ビールのおつまみに良い感じです♪

味は同じですので、かまぼこ板に盛ったり蒸したりするのが面倒な方にはオススメです。

これまでエソはぽいっと捨てていたみなさん!?いちど試してみてくださいね♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 食べたことありますよ。
    捌く時やけにウロコの多いなと感じました。

    私もやはりフードプロセッサー使いました あとはフライパンで お好み焼きみたいに焼きましたが、非常に美味でした。 *\(^o^)/*

  2. 長崎ではすり身を1晩冷蔵庫で寝かせ、油で揚げるかまぼことなりますよ。
    歯ごたえ抜群でめちゃめちゃ旨いです(・∀・)ゞ

  3. おおっ、やられる人見えますね〜、うちも愚痴らず作ってくれる嫁に感謝です。鱗がデカくて硬いのと、フードプロセッサーなんかも同じだぁ〜。と(๑˃̵ᴗ˂̵)でもやるだけある美味しさ、鍋のツミレになったりもします。

コメントは閉じられました