船舶免許を取得する費用が、今どのくらい掛かるのか調べてみた

Pocket
LINEで送る

おはようございます、しょうへいです。

釣り人ならマイボートでの自由な釣りというものに、一度は憧れますよね。

マイボートを持たなくても、レンタルボートなど船を貸してくれるサービスもあります。

自分の操縦で海に出るのであれば、その前に船舶免許が必要になりますので、今日は、船舶免許の種類と、取得に必要な費用を調べてみました♪

船舶免許の種類

system_img_02
引用元:(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会

船舶免許にはいくつか種類があります。

免許によって、どんなボートをどこまで運転していっていいのかがかわってきます。

  • 一級

正しくは「一級小型船舶操縦士」です。

運転できる範囲に制限がありません、この免許をもっていればどこでもマイボートで釣りをすることが可能です。(100海里以上の外洋に出るのであれば別の資格と乗員が必要です)。

総トン数20トン未満の船、もしくは用途がスポーツやレクリエーションに限定された長さ24メートル未満の船が運転できます。ただし水上バイクを運転することはできません。

  • 二級

正しくは「二級小型船舶操縦士」です。

運転できる船の大きさは一級と同じですが、海岸から5海里(約9km)の範囲に限定されます。

こちらも水上バイクを運転することはできません。

  • 特殊

こちらは水上バイクのための免許なので、今回は割愛します。

  • 二級(湖川)

こちらは湖や川だの限定免許です。琵琶湖でバスボートをなどを操縦するなら必要ですが、今回は割愛します。

以上のように、免許によって操縦できる船の大きさは範囲が異なってきます。マイボートでジギングをするのであれば、一級か二級のどちらか、ということになりますので、今回はこの2つの免許に必要な費用を調べてみます。

船舶免許をとるための費用は!?

船舶免許を取るのであれば、ボートスクールに通うのが早道です。

車の免許の自動車学校のようなものですね。

ボートスクールによって費用が異なりますし、どのようなコースを選ぶのかで費用が異なってきます。

船舶免許は「学科」と「実技」のどちらの講習・試験を受けなければならないのですが、学科講習を受けるか、自習して試験をうけるのか、また実技も講習を受けて試験を受けるのか、または試験を免除される講習のコースもあります。

どのコースを受けるのか、またどのボートスクールに通うのかで費用が異なってきます。

最近は、学科試験をインターネットなどで受けるコースもあるようです。

ヤマハボート免許教室を例にとるの、だいたいですが

1級免許:124,000円(税込)~

2級免許:88,900円(税込)~

となっていますので、1級と2級の違いは4万円程度ということになります。

senpaku

二級免許のコース一覧を見ると、一番高い実技試験がパスされるコースでも107,000円なので、プラス2万円で実技試験がパスできると考えると、悩みどころですね(笑)

ボートスクールによっては激安のコースを用意しているスクールもあります。

私の地元では、学科を自習にして、実技を講習と試験にすると、68,500円で取得できるコースもあります。

まずは、近くのボートスクールを調べて、どのようなコースをやっているのかを調べるのが良いみたいですね♪

また、二級から一級にステップアップするコースもあります。

こちらは費用がだいたい4万円程度なので、まず二級と取ってから、免許更新時に一級にステップアップするという方法も選べます。

会長は、船舶免許を持っているのですが、まずは2級をとって、5年後の更新時に1級のステップアップを受ければ、更新のお金がいらないので、オススメだと言っていました。

まとめ

  • 一級と二級の違いは操縦できる範囲が違う
  • 一級は約12万円前後、二級は8万円前後から
  • 費用と日数はコースによって違う
  • スクールによっては激安のコースもある
  • 一級から二級にステップアップするコースもある

ちょっとした費用がかかりますが、憧れの船舶免許、まずは二級からでも挑戦してみるのも良いですね♪

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。