DAIWAの新タイラバユニット「αシステム」は超スグレモノ!?

DSCF0245[1]

おはようございます、しょうへいです。最近ようやくタイラバにハマりつつあります。

タイラバは「スカートとフックの交換がめんどっちい」というグータラな理由であまり使っていませんでした。

特にタイラバは針先が命、常にピンピンのフックで挑みたい釣りです。

DAIWAから新登場の「αシステム」はそんな悩みを一気に解決してくれ、タイラバがどんどん楽しくなるシステムです。

さっそく一式そろえてみましたので、レビューしてみたいと思います。

Read more

タイラバの3本フック4本フックは当たり前? 2017年タイラバのフック事情は?

おはようございます。会長です。

タイラバの季節になりましたね〜♪

私も、毎年この季節に少しだけマダイ狙いでやるのですが、フックがサビサビだったので替えのフックを購入しにいったところ、今って3本針の3段フックとか、4本針の4段フックとか売っているんですね〜

ちょっと購入してみましたので、ご紹介したいと思います。

3本針や4本針のタイラバフックに関するアンケートも取ってみました♪

Read more

PE同士の結束にも「結びにシュッ!」が結束強度アップに有効か試してみた!

DSCF0235[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前より、PE同士の結束についてのリクエストを頂いて、あれこれ試してきています。

現在のところ、ダブルラインを作ってのノットがよさそう!?という結果になっていますが、もっと強くする方法はないのかあれこれ考えていました。

そういえば、以前ノットに吹いてみて実際にノットが強くなることが確認できた、「結びにシュッ!」という商品を思い出しました。

PE同士にも有効なのでしょうか!?実際に試してみました。

Read more

「タイラバ・インチク・ジギングサビキ」の好意度アンケート結果まとめ

おはようございます。会長です。

先日、タイラバやインチク、ジギングサビキについていろいろアンケートを実施しました。

どのアンケートも約900人の方にご回答頂きまして、ありがとうございました。

今回は、結果をまとめてご紹介したいと思います。

Read more

ジギンガーの方の「インチクの使用率」は!? インチクいろいろアンケート!

おはようございます。会長です!

先日、読者の方にタイラバに関するアンケートや、ジギングサビキに関するアンケートを行いました。

沢山の方にご回答いただき、ご協力ありがとうございました。

折角ですので、今回はインチクに関するアンケートを行ってみたいと思います。意外とタイラバよりも使っている人を見かけるような気がしますが、果たして結果はどうなんでしょうか!?

Read more

PEライン同士の結束強度 ブラッドノット&ダブルブラッドノット編

DSCF0185[1]

おはようございます、しょうへいです。

PE同士の結束について皆さまからいろいろ情報を頂いています。ありがとうございます。

PE同士の結束はけっこう気になる方が多いみたいなので、情報を頂き次第やってみたいと思います。

現時点ではダブルラインにして結束するのが一番強いようです。

今回は同じ太さのPEラインなら「ブラッドノット」が強いらしいという情報をいただきましたので試してみました!!

ブラッドノットの結び方

アメリカ結びとも呼ばれています。つなぎ目が小さく、卵形の結び目になることから、投げ釣りなどの力糸の結束としてよく使われています。極端に太さが違ったり、片方のラインが滑りやすいPEラインなどでは、抜け易く不向きなノットです。

003

引用元:よつあみ http://yoz-ami.jp/line_knot/1298

私は防波堤でカゴ釣りや投げ釣りをするときに良く使っていました。

結び目が卵型になるのでガイド抜けが良い結び方です。

PEラインには不向き?得意?などいろんな情報があるようですので、実際に試してみたいと思います。

DSCF0185[1]

結んでみました、結び目は丸まった形になりますね。意外と強く締め込みができます。

PEラインは2号(20lb・9kg)のものを使っています。

DSCF0188[1]

出来たラインはドラグチェッカーに挟み込み、締め込み具で引っ張って何kgで切れるかを試してみます。

ブラッドノットでPEを結ぶとどうなるのか!?

3回テストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 3 33%
2 3 33%
3 3.5 39%
平均 3.167 35%

大体3kgくらいの力でノットの片方で切れてしまいました。

DSCF0189[1]

すっぽ抜けるかも!?と心配していましたが、意外なことにノットの端でラインが切れました。

ノットの端っこが直角以上の角度で折れている部分で切れているようですね。

ダブルラインにしたら!?

DSCF0193[1]

このままでは終われません(笑)

伝家の宝刀、ダブルラインほぼ100%の強度でダブルラインを作ることができる「ビミニツイスト」を使ってブラッドノットで結んでみます。

ラインがダブルになれば強度は2倍!?

という単純な発想ですが、こちらも同様にテストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 6 67%
2 6.5 72%
3 6 67%
平均 6.167 69%

ほんとに倍になりました!!

「ブラッドノット」もダブルラインにすれば2倍の強度がでるようです。

PEライン同士の結束も80%以上の強度が出るノットがあると安心ですね。

これからも強いノット情報があれば試してみたいと思います。情報よろしくおねがいします♪

ジギンガーの方のタイラバの使用率は? タイラバに関するいろいろアンケート

DSCF0171[1]

おはようございます、しょうへいです。

すっかり春ですね~。春といえば!タイラバ!ジギング魂読者の皆様はタイラバも使ってますか?

オフショアフィッシングをするメインフィールドによって、タイラバの使用率は異なるとは思いますが、今日は皆様が、どの位タイラバに興味があるのか、タイラバに関するアンケートをやってみたいと思います。

Read more

開いてしまったフックの貫通力はどのくらい落ちているのか!? 実験してみた!

DSCF0134[1]

おはようございます。しょうへいです。

前回、前々回とフックの貫通力について調べてみました。

フックの刺さりが違う!?「ピンピンのフックと鈍ったフック」を実験で比較してみた

鈍ったフックは「フックシャープナー」どこまで復活するのか実験してみた!

せっかく実験装置を作ったので、もうひとつフックの貫通力で気になることがありましたので実験してみました。

それは、フックが伸びで開いてしまった場合、貫通力にはどのくらい影響があるのかです。

 

Read more

鈍ったフックは「フックシャープナー」どこまで復活するのか実験してみた!

DSCF0123[1]

おはようございます、しょうへいです。

前回、針先が鈍ったフックと、針先が鋭いフックでどのくらいフッキングに差がでるのかを実験してみました。

かなりの差がでましたが、鈍ってしまったフックをシャープナーで研いで使うという方もいるのではないでしょうか!?

今回は、フックシャープナーで研いでどこまで復活するのか、試してみました。

Read more

フックの刺さりが違う!?「ピンピンのフックと鈍ったフック」を実験で比較してみた。

DSCF0100[1]

おはようございます、しょうへいです。

みなさーん、フックはどのくらいの頻度で交換していますか!?

前回インチクのフックを交換した記事で、ダブルのフックの片方はピンピンで片方だけが鈍っていることに気付きました。

針先の違はどのくらい刺さりに影響するのでしょうか!? 実験で確かめてみました。

Read more