PE同士の結束に「リーダースペーサー」使ったFGノットの強度は?

DSCF0631[1]

おはようございます、しょうへいです。

PE同士の結束も、これまでに数多くのノットを試して実験してみました。

PRノットは95%を達成しましたが、ボビンなどの道具が必要です。

通常、ラインシステムを組む際にFGノットで組む方も多いと思います。

読者の中には「ショックリーダーをスペーサーとして仲介してFGノットで接続している」という方が何人かいらっしゃいました。

短いリーダーを使ってちゃんとショックを吸収しきれるのでしょうか!?強度を試してみました。

Read more

ジギングのアシストフックでバーブレスってどのなの?アンケートも取ってみた!

おはようございます。会長です。

昨日、アシストフックを作っていてふと思ったのですが、ジギングで使うアシストフックをバーブレス(カエシをつぶしてる)にしている人をあまり見かけないな〜って。

自分もキャスティング用のトレブルフックはカエシを潰したりしてバーブレスにすることはありますが、ジギングのアシストフックは、カエシがあるものを使っています。※スローピッチジャーク用のアシストフックで一部カエシのないものを使ってます

今日は、ジギングに使うアシストフックでバーブレスが必要なのか考えてみたいと思います。

Read more

PE同士の結束強度95%のPRノットは「結びにシュッ!」で100%になるのか?

DSCF0621[1]

おはようございます、しょうへいです。

PEライン同士の結束をPRノットですることで結束強度95%を達成し、前回はラインの太さの条件を変えていろいろ試してみました

今回は、リクエスト頂きました「結びにシュッ!」を使うと結束強度がどうなるか!?を試してみたいと思います。

以前の実験、「結びにシュッ!」は実際に効果があるのか?で、サルカン結びなどに5%〜10%の強度アップすることが確認できています。

果たして、95%の結束強度は100%になるんでしょうか!?

Read more

PE同士結束の最強「PRノット」は細いライン同士でも結束強度は強いのか試してみた

DSCF0602[1]

おはようございます、しょうへいです。

前回、「PEライン同士の結束はPRノットがこれまでで最も強い」ということを実験しました。

なんとPEライン同士でも95%の結束強度が得られるノットでした。

さて、ちょっと条件を変えても同じ強度が出るのでしょうか!?

PEライン同士を結束したいときといっても、ラインの太さなど、いろいろ条件があると思います。

今回は「細いPEライン同士の結束強度」と「1号と2号など異なる太さのPE同士の結束強度」を試してみました♪

Read more

各メーカーから発売される「高比重PEライン」ジギングで使うメリットはどこ?

おはようございます。会長です。

「YGKよつあみ」から高比重のPEライン「G-SOUL OHDRAGON(オードラゴン)WX4F-1 SS140」が発売されましたね〜。

高比重のPEラインと言えば、SHIMANOから発売されている「セフィアG5PE」が有名ですが、自分の釣りで使うシチュエーションが少ないので気になっていませんでした。

マイクロジギングがブームの今、ジギングでも使えるシーンがあるのでは?と思い、あらためて高比重PEラインについて考えてみました。

Read more

PEラインを連結して長くしたい!? PEライン同士の結束方法の最強はPRノット?

DSCF0568[1]

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂では、これまでもPE同士をなんとか結束してみようとあれこれやってみました。

PE同士のFGノット」や「ダブルラインでの電車結び」や、「ダブルラインでのループtoループ」などを試してみました。

今回はかねてよりリクエストがあった「PE同士のPRノット」を試してみたいと思います。

コレまでの結果では、全く100%近くには及びませんでしたが、ラインシステムとしても強いPRノットはどうなるのでしょうか!?

Read more

挑戦者求む!?「オリジナルノット」を投稿してもらったので強度を見てみました

DSCF0562[1]

おはようございます、しょうへいです。

いつも励ましのコメントや、新しい情報の提供をありがとうございます♪

今日はコメントで投稿していただいたサルカン結びの「オリジナルノット」を試して欲しいとのリクエストにお答えしたいと思います。

釣り人なら誰しもが一度はオリジナルノットを研究してみたりしますよね。

いつものような条件で調べてみました!!

Read more

ベアリング付きスイベルは壊れる!? 破壊実験を行ってみました!

DSCF0542[1]

おはようございます、しょうへいです。

ショックリーダーとメタルジグを接続するときに、溶接リングやプレスリング、スプリットリングを使って交換を便利にしたりしますよね。

「ベアリング付きのスイベル」にスプリットリングを使ってメタルジグを接続している方もいるかと思います。

この「メタルジグにベアリングを付けるか、付けないか」という話題について、「ベアリングは壊れる」というウワサを聞いたことがありませんか!?

ベアリングとはいえオールステンレス製、簡単に壊れるとは思いませんが、実際はどうなのでしょうか!?

負荷を掛けて破壊実験してみました。

Read more

錆びたフックは折れやすい? 錆びたアシストフックの強度テストをやってみた!

DSCF0511[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前にリクエストが有ったのを思い出したのですが「錆びたフックの強度」ってどのくらい弱っているのでしょうか?

 

手元にちょうどいい錆びたアシストフックがありましたので、強度テストをやってみました。

Read more

隙間が開いてしまった「スプリットリング」は強度が劣化しているのか測定してみた!

おはようございます、しょうへいです。

みなさんはどのくらいの頻度でスプリントリングを交換していますか!?

あまりスプリットリングの交換について気にしないという方もいるかと思いますが、私は少し開いてきたら、ラインが挟まったりリングが抜けそうになるので、消耗品と割り切ってすぐに交換しています。

ところで、開いてきたスプリットリングというのは強度に影響はあるのでしょうか!?

リクエストを頂きましたので、手元にある開いてしまったスプリットリングを集めて実際に調べてみました。

Read more