ライトジギングを数値で攻略!?カウンター付きの利点は!?シマノ「グラップラープレミアム」登場。

Pocket
LINEで送る

product1

おはようございます、しょうへいです。

横浜ではフィッシングショーが開催されていますね。すでに行って手に取った方もいるかもしれませんが、2018年、シマノのライトジギング向けベイトリール「グラップラー」シリーズにプレミアムと銘打ったモデルが追加されれました。

なにやらいろいろギミックが追加されていますね。フォールレバー?カウンター?いったいどう有利に働くのでしょうか!?

グラップラープレミアムは、ここが違う!!

54629_feature1

そういえば、無印のグラップラーの発表記事を書いたのも去年の今頃でした。

さまざまな機能を搭載したロープロベイトリールとして、ライトジギングで使っている方も去年一年で多く見かけました。

今回はそんなグラップラーが「プレミアム」となりました。一体ドコが進化したのでしょうか!?

まず目に付くのが、フォールレバーの存在です。こちらは炎月プレミアムにも搭載されていました。

レバー操作でフォールスピードがコントロールできるようになるのです!!

パーミングしたまま操作できるので、フォール中にスピードコントロールで誘う・フォール中のバイトを捕らえる・巻いて戦うという一連の流れをスムーズに行うことができます。

これだけでもジギングの戦略性が上がります。巻くだけではなく落とすときも攻めることができるからです。

54630_feature1

また、カウンターが搭載されているのも目に付きますね。

グラップラープレミアムのカウンターも、「巻きの速度」と「フォールの速度」を表示させることができます。

ということは、ヒットしたパターンを数値化できるということになります。

どのフォール(巻き)スピードで当たったのか、フォール(巻き)スピードをどのように変化させるか。

底から何mで当たったのかや、魚探の水深とカウンターの水深からどのくらいラインが斜めに入っているのかという判断や、何mにベイトが溜まっているから何mでストップさせて・・・という風に、やれることが2倍、3倍にも増えます。

シビアなライトゲームを制するための戦略的なリールに仕上がっていますね♪

ちなみに電池交換も可能です!

その他、ライトラインでのやりとりのために各機能も増えています。レベルワインド連動になっているので、フォールはスムーズです。

またXプロテクト搭載になったので、長く使えるリールになっています。

注意点としてグラップラーと、グラップラープレミアムは番手が違います。ハンドル長さが60mmになり、ラインキャパもよりライトに、その分自重も軽くなっています。

よりライトで繊細な釣りを楽しむことができそうですね。

スペック・価格

品番 ギア比 最大ドラグ力
(kg)
自重
(g)
糸巻量
PE(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
スプール
下巻ライン
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
150XG(右) 8.1 5 265 0.8-400、1-330、
1.5-200
81 32/22 1/3、2/3(※1) 60 7/1 42500
151XG(左) 8.1 5 265 0.8-400、1-330、
1.5-200
81 32/22 1/3、2/3(※1) 60 7/1 42500

5月発売予定です。

シマノ グラップラープレミアム http://fishing.shimano.co.jp/product/reel/5288

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。