「Jノット」ってご存知ですか!? 簡単すぎるので強度を測ってみた!

Pocket
LINEで送る

wp-1520840993562..jpg

おはようございます、しょうへいです。

お久しぶりの強度テストのコーナーです。リクエストありがとうございます♪

JノットというPEラインとショックリーダーと結ぶノットがあるらしいのですが、私は知らないノットでした。

海外ではメジャー(?)らしいのですが、とにかく説明を見るとめちゃくちゃ簡単です。

強度、気になりますよね。試してみました!!

電車結びの次ぎに簡単かも!!Jノット

なにはともあれ結び方です。

私は始めて目にする結び方で、解説も海外の動画でした。

見てみると、リーダーとPEラインを重ねて、リーダーはユニノット、PEラインはクリンチノットというシンプルな構成のようですね。

どちらもユニノットなら電車結びになりますが、片方がクリンチノットというのがミソなのかもしれません。

どちらも馴染み深いノットですので、簡単に結べるのは良いところだと思いました。実際に悩むところなく結べます。

wp-1520840993072..jpg

とりあえず結んでみます。ユニノット側は4回、クリンチノット側は7回の巻きつけをしました。

リーダーは8号30lb、PEは2号のもので結んでいます。

やってみると結び目がめちゃくちゃ小さいです、リーダーをユニノットするので気になるのですが、出来上がってみれば小さなノットでした。

wp-1520840993434.

このように、15kgモデルのドラグチェッカーに挟んで、切れるまで引っ張ってみます。

強度はいかに!?

wp-1520840993356..jpg

さーてやるぞと思いきや、4kgの力ですっぽ抜けてしまいます。

あれれ!?

ちょっとこれでは困りますね。

でも悪いのはノットではなく、なにか結び方や設定にあるのかもしれません。というわけで問題を洗い出してみます。

wp-1520840993492..jpg

まず、ユニノット側(リーダー)なのですが、これは巻きつけ回数を増やしてしまうと締めこめなくなってしまうので、回数は増やしません。

ただ、あまり最初から締めこまないで、すこし緩めに結んでおきます。あとからノットが完成してから締めこんだほうがよさそうです。

クリンチノット側(PEライン)は、巻きつけ回数を15回に増やしました、動画内でも7~15回とされていましたので、そのようにします。

あとは、写真のように、まだ締めこむ前でそれぞれのノットを完成させず、緩く作ってから、全体を湿らせて引っ張ります。

ノット同士がぶつかった所で自然と締めこまれていくようです。引っ張るときはPEラインの端糸を口に咥えてテンションを少しかけておくと綺麗に仕上がります。

wp-1520840993206..jpg

さっきより巻きつけが増えました。それでも小さいノットですね。

wp-1520840993465..jpg

こんどはPEラインが切れました。

強度は7.5kg前後で意外と安定しています。

FGノットやPRノットのような摩擦系ノットは8kg以上の耐力がありましたので、それには及びませんが、結ぶ手間を考えるとそこそこの強度がある、コスパの良いノットかもしれません。

道具もいりませんし増し締めなども必要ありませんので、船の上で結びなおすときの引き出しの一つとして覚えておくのもいいかもしれませんね。

リクエストありがとうございました。これからもいろいろ試していきたいと思います。

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動