ただ穴が空いているだけじゃない!?「タイラバJET」の穴の秘密とオススメチューン

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0354[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前ちょっとご紹介させていただいた、タイラバのpudlee パドリー「タイラバJET」。

このタイラバ、なんとヘッドの前方に穴が空いているのです。

フィッシングショーにてメーカーさんから直接なぜ「穴があいているのか」について説明を受けましたが、スミからスミまで考えられて作られているタイラバでした。

オススメのチューン方法も教えてもらったのであわせてご紹介いたします。

ただ穴が空いているだけでは無い!?考えられた設計が凄い!

DSC_0354[1]

タイラバJETはこのように、ヘッドの中心に穴があいています。

穴が空いていることで潮がこの穴を通り、ラバーの波動が・・・・・・とぼんやりと知ってはいたのですが、穴の役割はとても重要だそうです。

この穴は前方は広く、後方は狭くなっているため、水中で引くと水をジェット噴射のように後方に押し流します。

このジェット水流はラバーやスカートに当たりますので、よりラバーやスカートが自然に動くそうです。

また、水流が折ってきたマダイの額に当たることで、獲物が逃げている!とマダイに錯覚させることができるそうです、

なのでタイラバJETはアタリがあっても乗らないときは、徐々に巻きを早めていくことでマダイの額に当たる水圧を強くしてスイッチを入れるというテクニックが使えるそうです。

無題

ところが、タイラバJETを開発している際にヘッドの後方に負の圧力が発生していることを発見したそうです。

この負圧の部分は、ブラックホールのようにモノを吸い寄せてしまうそうです。

無2題

ということは、タイラバヘッドの後方にあるスカートやネクタイ、フックさえもがヘッドに吸い寄せられ、くしゃくしゃと絡まった状態で引かれてしまうということがあるそうです。

これでは確かにタイラバの魅力は半減です、フックも絡まっているのでフッキング率も悪そう・・・。

特にヘッドが大きければ大きいほどこの負圧は大きくなるそうです。

DSC_0359[1]

そこで生まれたのがこのスカートやラバーを接続するパイプです。

無aaa題

この特殊なパイプが、ラバーやスカートが吸い寄せられる負圧ゾーンを回避することで、ラバー・スカートの動きがより自然になるそうです。

DSC_0358[1]

パイプの接続部は半遊動になっていますので、ヒットすれば外れます。これによりバレを回避してくれます。

また、パイプの接続部には突起があり、向きが固定されます。

これによりフックの向きを常に一定に、タイラバに対して上向きに固定することができるそうです。

ヒット率はもちろん、根掛りの率も下がるような設計だそうです。

かなり考えられた設計ですね!

DSC_0361[1]

オススメのチューンですが、写真のようにネクタイの広いほうを少し引っ張って、広いほうが長くなるようにズラしてやると、かなり動きが良い感じになるそうです。

購入したときはネクタイが均等な位置で固定されていますので、購入したときは必ずやってみようと思います。

また、スカートも少し切り詰めるチューンも有効だそうです。

ネクタイ・スカートの位置や長さを調整してあげることで、穴から生まれる水流をよりよく受けて動きがよくなるようですね。

私も幾つか購入しましたので、このオススメチューンを施してから春のマダイシーズンに臨みたいと思います♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索