メタルスッテの収納にメイホウの「エギストッカー」がめちゃくちゃ便利な件

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1556693532141.jpg

おはようございます、しょうへいです。

私の住んでいる福井県では、そろそろイカのシーズンの始まりが見えてきました。

新発売のメタルスッテ(鉛スッテ)もたくさんあって、いろいろ試してみたく、気付いたら大量のスッテを所持していました(笑)

たくさんのスッテ類やエギの収納に困ったのですが、エギングコーナーで見つけた、メイホウ「エギストッカー」が使ってみたらめちゃくちゃ便利だったのでご紹介したいと思います。

収納してヨシ!洗ってヨシ!メイホウ「エギストッカー」

wp-1556693532268.jpg

購入したのはメイホウのエギストッカー。「VW-ES2050」と「VW-ES2051」です。

2050が小、2051が中といった感じで、もう一つ大きな2052という品番もありますが、イカメタル関連であれば小と中でだいたいなんとかなります。

サイズは2050が214×116×30mm、2051が200×150×33mmです。

wp-1556693532195.jpg

これまでは、エギワレットと呼ばれる大きなサイフ状のエギケースに収納していました。

ワレットそのものが薄く、収納性が高いというメリットがあり、収納できるスッテの数も多くできます。

一方でチャックがサビやすく、海水についたスッテをそのまま戻すと洗浄が面倒です。

wp-1556693532215.jpg

プラのケースにそのまま入れたり、スポンジを入れてカンナを固定したりしたこともあります。

頑丈で透明なので、破損したりサビたりすることもなく、また透明なので中身がわかりやすいというメリットがあります。

カテゴリーごとに小分けで保存できるのも良いですね。

一方でこのように中で転がってカンナ同士がかみ合ってしまったりしていました。

スポンジなどをケースに固定してカンナを固定することもありますが、スッテに重さがあるので外れることもあります。

wp-1556693532241.jpg

メイホウのエギストッカーは、透明の仕切りがあるケースで、エギを1本1本仕分けで収納できます。

もちろんメタルスッテや浮きスッテも収納できます。

仕分けされているのでケースの中で転がって絡まったりせず、またケースが透明なのでどこにどのスッテが入っているかが一目瞭然です。

スッテにもよるのですが、15号までのスッテなら2050の小サイズがピッタリです。

20号以上の大きさのスッテや、カンナが大型のパラソルクラス対応のスッテは2051の中がピッタリです。

私の手持ちのスッテはこの2サイズのケースに全て収まりましたが、もっと大型のスッテには2052の大があるので安心です。

wp-1556693532325.jpg

ケースのふたを開けたまま立たせることもできます。

ふたを開けたままでもピッタリ収納できるので、ドカットやバケットマウスなどのケースのなかで綺麗に整列させておくことができます。

このまま使いたいスッテをサッと出すこともできますので、手返しがよくなりそうですね♪

wp-1556693532300.jpg

金属パーツが一切ないので、海水がついたスッテをそのまま戻してもサビることはありません。

また持ち帰ったらフタをあけてそのままシャワーを掛けて洗い流すことができます。

wp-1556693532141.jpg

ケースの底には穴があいているので、そのまま水切りと乾燥ができます。

収納しても便利、洗っても便利なナイスなストッカーです♪

思わず釣り具屋さんで爆買いしてしまいました(笑)。

実売価格で1000円前後、安いところですと800円を切る価格で手に入るのもうれしいですね。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索