どんな時に便利?ロッドに直接取り付けるルアーホルダー「カポーン」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1569222369454.jpg

おはようございます、しょうへいです。

本日はルアーの収納グッズの紹介です。

ルアーを立てかけておいておくとき、ルアーがブラブラしては危ないのでいろいろな収納グッズがあります。

クリップで挟んだり、ロッドホルダーに収納スペースを増設したりとさまざまな方法が考えられていますね。

今回ご紹介する「カポーン」というグッズは、とある条件のときにかなり便利!と思ったので釣具屋さんで見つけて購入してみました♪

竿にカポンと入れる筒を取り付ける!! DSCF0364

オフショアでのルアーフィッシングは当然ながら船で移動します。

陸からの釣りに比べると持っていく荷物を多くすることができますので、釣り竿も3本でも4本でも持っていくことができます。

今日はライトジギングがメインだけどナブラがあったら打ち込んでみたいからライトキャスティングを持っていこうとか、

真鯛の感度があればタイラバもやってみたいからジギングとタイラバどっちも持っていこうとか、ジャンルの違う竿を「一応使うかも…」と何本も持ち込むことができます。

船には竿立てがいくつもあるので竿が写真のように乱立します。それはいいのですがルアーをガイドなどに掛けておくと、ほかの竿をひっかけたり、ライン同士が絡んでしまうことがありますよね。

wp-1569222369440.jpg

例に挙げたライトキャスティングとタイラバではちょっと困ったことになります。

タイラバは竿がやわらかいので、ルアーをセットしたままにしておくと竿が大きくしなるのです。

そしてラインがナナメに出ることになるので他の竿と絡みやすくなります。

そしてタイラバはクリップ型のルアーホルダーではうまく挟めないのです。

キャスティングはプラグにトレブルフックが2つついていることが多く、フックが露出しているので他のものをひっかけやすく、また衣類をひっかけてしまうことがあります。

船によってはロッドホルダー側にルアーの収納スペースがある場合はいいのですが、船の形やロッドホルダーの形によっては上手く取り付けられない場合があります。

wp-1569222369415.jpg

そんなことを前々から思っていたところに、釣り具屋さんで見つけたのがこの「カポーン」という商品です。

あまり見かけたことのない商品で、調べてみると、理容のコームなどを作っている「リーダー株式会社」というメーカーの商品でした。

wp-1569222369448.jpg

中にはゴムリング2種類(大きさ違い)とプラスチックのホルダーが入っています。

このホルダーを竿にゴムリングで直接接続することで収納できるようです。

ロッドに直接取り付ける方式なので、船のロッドホルダーの形式に左右されません。

wp-1569222369454.jpg

先ほど竿が曲がりすぎて困っていたタイラバもばっちりです。

wp-1569222369444.jpg

キャスティングタックルのプラグも、中型までのサイズであればトレブルフックごと収納できるようです。

もちろんルアーを使うときは取り外さなければならなく、ゴムリングを外さなければならないので即応性はあまりないのですが、このように自宅のロッドホルダーにルアーをつけたまま立てかけておく場合などは使えそうですね。

そのまま場所移動も可能です。

取り外しがしやすい改造ができたら、もっと便利そうなので、いい方法を思いついたらやってみたいと思います。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索