DAIWAから新発売のタイジギングメタルジグ「紅牙ベイメタル真鯛」レビュー

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1572171233417.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先週頃より、DAIWAの新商品メタルジグ「紅牙ベイメタル真鯛」が店頭に並び始めました。

その名の通り、真鯛に特化した設計がされているメタルジグのようです。

ジグで真鯛を釣るのは大好きです!

さっそく購入して使ってみましたので、レビューしてみたいと思います。

回転せずに泳ぐ!Daiwa「紅牙ベイメタル真鯛」

wp-1572171233417.jpg

さっそく購入してきた「紅牙ベイメタル真鯛」ですが、まず感じるのはウェイトのわりにはコンパクトです。

見た目からすると、TGベイトのお兄ちゃんといった感じの印象を受けます。

100gのものを選んで購入しましたが、90㎜弱とコンパクトな部類のメタルジグで、ボディのテールにかけて厚みがあります。

真鯛はボトム付近にいることが多く、タイジギでは何度もボトムを取り直すことが多くなります。

コンパクトなボディは沈下が早いので、何度も底を取りなおすタイジギにコンパクトボディは嬉しいですね♪

wp-1572171233403.jpg

写真でわかるように、片方の面はフラットですが、片方の面は頭のほうにすこしへこみがあります。

海で使ってみましたが、動きがナチュラルでゆらゆらと左右に触れながら泳いでくれます。

スローな巻き上げ速度でも泳いでくれますし、急に速度変化をさせてもグルっと回転したりしません。とても安定した泳ぎでした。

リトリーブが中心となるタイジギでかなり使いやすいジグだと思いました。

73316284_1312867645541427_5974530990293385216_n[1]

使い方は基本的にタダ巻きです。ストップ&ゴーで十分な釣果が期待できそうです。

さきほども述べましたが、回転せずにゆらゆらと泳いでくれますので、底をとってからのタダ巻きでOKのようです。

巻いている途中にストップや、急に速度を変えてみたりといったアクションが真鯛には効くようです。

タダ巻きとはいえ、「どの速度で」「どのタイミングで」といった要素を組み合わせることで積極的に真鯛を狙っていくことが可能です。

もちろん、真鯛以外の魚も狙っていけるジグで、ヒラメやハタ類、青物の釣果もあるそうです。

wp-1572171233393.jpg

またタイジギに合わせたアシストフックが標準で付属しています。

パッケージを開けてリングに接続すればそのまま使うことができます。

フックにはティンセルが付属していますが、アピールのみならず吸い込みがよくなるといわれています。

真鯛は青物等に比べればあまり吸い込みが強いほうの魚ではありません。こういう細かいこだわりが嬉しいですね♪

さらにフックはフッ素コーティングされているSaqSasフックです、針先は鋭く刺さりは抜群です。

ラインナップは40g、60g、80g、100gの4種類、カラーは10種類です。

価格はサイズにもよりますが1000円前後とフック付き割にリーズナブルです。

真鯛は日中はアカキンなどが定番ですが、秋のシーズンは夕方に時合いが来ることが多いと感じます。

夕方などのローライトな時間帯はグローが入っているようなカラーもオススメです♪

DAIWA 紅牙ベイメタル真鯛 
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/kohga_bm_madai/index.html

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索