TGベイトの兄弟分「ソルティガ CVジグ SLJ」がついに発売!早速買ってみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1601203825162.jpg

おはようございます、しょうへいです。

Daiwa(ダイワ)から新メタルジグ「ソルティガ CVジグ SLJ」が発売されました。

TGベイトの鉛バージョン!?といった見た目ですが、実際のところはどうなのでしょうか!?

※この記事は、2020年8月25日の記事のリライト記事です。

TGベイトとほぼ同じサイズ!?「ソルティガ CVジグ SLJ」

SG_CVJigSLJ_MGBlupin[1]

こちらが「ソルティガ CVジグ SLJ」です。

SLJの名の通り、30g、40g、60g、80gのラインナップになっています。

o0857108014790419405[1]

SLJからライトジギングまで活躍してくれそうです。

CVはCompact Value(コンパクト バリュー)の略だそうで、30gが1100円、40gが1200円、60gが1300円、80gが1400円のメーカー希望価格と、かなりリーズナブルになってます。

画像はフック付きになっていますが、実際フック付きで販売されるようなので、フックの分も考えるとお買い得かもしれませんね♪

109519287_1545888715572651_6658225495470176993_o[1]

気になるTGベイトとの大きさ比較がこちら。

上がCVジグ40gで、下がTGベイト45gです。

タングステン製であるTGベイトとなんと全長は同じです。これでも鉛製だそうです。

鉛製でサイズ感を同じにするために、多少ファットな感じにはなっていますが、形は近いものがありますね。

多少ファットになっているのでアクションもそのまま、ということではないらしいのですが、基本的には同じようなシチュエーションで使ってみるということで良いそうです。

SG_CVJigSLJ_PHFullGreen_cut01_3

上から見て見ると確かに厚みがあります。

また左右非対称となっています。落として巻くだけで微波動を出して泳いでくれるI字系のジグだそうです。

確かにTGベイトも落として巻くだけでも十分泳いでくれ、そして魚がくいついてくれるジグです。

シャクってみるとスライドというよりはダートするような感じで、フォール姿勢も良いジグですので、こちらのCVジグも期待できますね♪

TGベイトのほうはタングステン系なのでフォールが速いという特徴もありましたが、CVジグは鉛なのでその分フォールが遅くなっているはずです。

同じターゲットを狙っていてもフォールが早いほうが反応が良い日もあれば、遅いフォールで見せて食わせたほうが良い日もあります。

TGベイトとセットで使ってみて、その日の反応を探ってみるという使い方もよさそうです。

o1080074114790419417[1]

カラーは8色、最初からフッ素コート+ティンセル付きのSaqSasフックが付属していますので、パッケージから出してそのまま使うことができます。

もちろん、フロントとリアが絶妙に干渉しないサイズになっています。

ちなみにパッケージはボタン式なので、ハサミで切らなくても開封できますし、ジグを仕舞うように再利用することもできます。

DSC_1423[1]

あくまでもベースとなったジグですが、TGベイトのほうは今までに数多くの魚を釣ってきたエース中のエースジグです。

青物、ヒラメ、シーバス、真鯛、根魚……。めちゃくちゃ釣れます。

特に早巻きからのストップや速度変化。もしくはショートジャークなどでいい結果を多く残しています。

基本的な使い方は同じようなので、CVジグも今から期待十分です。

ソルティガ CVジグ SLJ
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/salt_le/SALTIGA_CVJIG_SLJ/index.html

発売したので買ってきた!

wp-1601203825162.jpg

先日、発売しましたのでさっそく入手してきました。

兄弟分のTGベイトと、大きさの違いがわかるように手の上で並べてみました。

どちらも80gですが、単純なシルエットだけならTGベイトよりもコンパクトかも!?というくらいコンパクトです。

wp-1601203825192.jpg

半面は中央がつぶれてフラットですが、もう反面は盛り上がっています。

wp-1601203825195.jpg

TGベイトと並べて上から見ると、厚みが結構違います。

この厚みのお陰で、シルエットが小さくなっているようです。

パッケージの裏面によりますと、発売前の情報とおり、基本的な使い方はリフト&フォールとあります。

ボトムを取ったら狙いたいレンジの少し上くらいまでタダ巻き、そしてフォールを繰り返すというのが基本的な使い方のようです。

週末海が荒れて使うことができませんでしたので、水場で少し泳がせてみましたが、確かにまくだけで左右にフラフラと泳いでくれます。

シルエットが小さくボトムも取りやすいので、しっかりボトムを取ってから探ることができるジグです。

wp-1601203825198.jpg

付属のフックはフッ素コートで針先もピンピンです。触っただけで刺さりそうなくらい鋭いフックです。

ちなみに、交換するときは別売りのSLJアシストフックSSがちょうどマッチします。

https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/terminal_tackle/lure_te/slj_assisthookss/index.html

価格は、80gで1200円ぐらいでした。

80gにツインフック2セット付きで、ライトジギングのジグにしてはかなりお手頃な価格です。

泳ぎ方などマダイのライトジギングにも良さげでしたので、すごく楽しみなジグですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索