リール等に付着した粘着テープの「ネチャネチャ」を綺麗にとる我が家伝統の裏ワザ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1603273965584.jpg

おはようございます、しょうへいです。

リールに、何号何m巻いてたかのシールを貼ったすることありますよね。

そういう、シールをはがしたときに「ネチャネチャ」した粘着部が残ることがあります。

それ以外でも、保管していた時に汚れやなど何かくっ付いていることはたまにあります。

今日は、そんな粘着の「ネチャネチャ」を綺麗にに取る「意外なアイテム」を使った我が家伝統の裏ワザをご紹介いたします。

身近なアレでネチャネチャを取る!

wp-1603273965588.jpg

先日、ジギング中に手に傷ができたので、絆創膏とテーピングで指をぐるぐる巻きにして使っていました。

なにかの拍子にテーピングが裏返り、粘着面が当たったようで、広範囲にネチャネチャとしたテープの粘着面がついています。

指でこすると余計に広がります。

wp-1603273965584.jpg

こちらはオシアジガーに、何号が何m巻いてあるか、シールを作って貼っていたものを剥した跡です。

シールを貼るなら、もう少し小さいシールを貼るかと思いますが、写真をわかりやすくするために、わざと大きなシールを貼って放置して再現してみました。

これも、指でこすると粘着が広がるばかりで、なかなか綺麗に取れません。

wp-1603273965603.jpg

久しぶりに、引っ張り出してきたPENNのスピンフィッシャーVのスプールには、ラインストッパー代わりにメンディングテープを貼っていた跡があります。

別に気にしなければ気にならないのですが、気になるといえば気になります(笑)

スプールなどは良いのですが、ハンドルやベイトリールのサイドプレートなどは、手に触れる箇所なのでやっぱり気になります。

釣り具は綺麗なほうが良いですしね。

wp-1603273965607.jpg

ここに取り出したのは、ハンドクリームの「ニベア」です。

なんと、このハンドクリームの「ニベア」でネチャネチャとした粘着部が落ちます。

私の家では、昔からテープ跡には「ニベア」を塗って剥しています。

改めて調べてみると、ハンドクリームなら何でも良いらしいですが、ニベアなら間違いありません。

wp-1603273965611.jpg

ということで、少しだけティッシュにニベアを取ったら、これでテープ跡に塗り付けていきます。

あくまでも少しで大丈夫です。あまり付けすぎる今度はニベアを落とすのが大変になります。

wp-1603273965617.jpg

おおっ!?

粘着がきれいに落ちて、元のツヤツヤの金属面に戻りました。

ニベア等のハンドクリームに含まれる「油分」が粘着を浮かせることで、ネチャネチャが綺麗に取れるそうです。

wp-1603273965621.jpg

すべてのリールが綺麗になりました。

油分で拭いているのでツヤも出ていますね♪

ただし、ハンドクリームの匂いがつきますし、そのままではヌルっとして滑ってしまいます。

水を含ませたタオルや、ウエットシート等で拭いてハンドクリームを落としてやると完璧です。

また、機関部や動作に関わる場所にハンドクリームが入ると良くないことがおきそうです。

なるべくそういった部分に入らないように、少量のクリームで注意しながら使うことが大事です。

リール以外にも、粘着面が残って取れにくいということがありましたら、ハンドクリーム、一度お試しください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索