PEラインを連結したり効率よく裏巻きしたりしてお得に再利用する5つのテクニックまとめ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、タチウオジギングに行くことになったのですが、リールに巻いてあるPEラインが前回高切れしていることを思い出しました。

また、他のリールに巻いてあるPEラインも結構長い間使っていますので、新しいものに交換したり、逆巻き(裏巻き)することにしたのですが。

この時に、高切れで短くなってしまったPEラインを連結て長く使ったり、逆巻きを効率よくしたりとPEライン再利用のテクニックをいろいろ駆使して3つのリールを全て新品状態になりました。

その時に使った、PEラインをお得に簡単に再利用するテクニック5つをまとめてご紹介したいと思います。

高切れしてしまったPEラインの使いみち

高切れしたリールの写真を撮影するのを忘れてしまったのですが、こちらのPE0.8号が200m巻いてあるリールのPEラインが100mぐらい高切れして残っているラインが100m以下になってるではないかというリールです。

タチウオジギングは水深100mぐらいのところでしますので、やはり新しくPEラインを巻き直したいところです。

この残っている100m近いのPEラインは新品です。

捨ててしまうのは勿体ないですので、

一つの再利用法としては、セキ糸として使う方法があります。

 

YGK(よつあみ)から発売されているセキノッターⅡは、空ボビン付きでPEラインをセキ糸を再利用するためのボビンホルダーとしておすすめアイテムです。

ただ、今回は最近しょうへいちゃんが発見した、強力なPEライン同士の連結方法がありますので、100mの余ったPEラインは、リールの下糸として使い、連結して使うことにしました。

下糸にするリールはこちらのリールで、PE0.8号を500m以上巻くことの深溝スプールのリールです。

 

ディープタイラバなどに使うリールで、これに余った100mを下巻きしました。※実際は89mしかありませんでした。

こちらのリール1万円ぐらいで買えてしまうので、なかなか行かない深場(ディープ)用にはおすすめのリールです。

コスパ最強の鯛ラバリールはコレだ!約1万円と激安で買えちゃう○○を超おすすめする理由

この89mを下巻きしたリールに、使い古した右のリールのPEライン(0.8号400m)を連結して逆巻き(裏巻き)し、489mとして再利用したいと思います。

PE同士の連結は、ビミニツイストのダブルラインのループを両方に作り、ループtoループで「5回」通すことで、91%の耐力で連結が可能とのことです。

【PEライン同士の結束】強度70%のループtoループを90%以上で接続する方法を発見!

ダブルラインはいろいろ試した結果、やはりビミニツイストが一番耐力があったそうです。

PEライン同士の結束で91%強度の「5回ループtoループ」ループの作り方別強度測定

しょうへいちゃんが実験したので、私はやってみるのは始めてですが、ループをもう一方のループの下から通し

その輪っか(ループ)にリールを下から通すを、5回繰り返します。

5回というのが重要で、1回より2回、2回より3回と回数を増やすことで強度が増し、5回と6回は同じだったそうです。

リール同士のPEラインを連結する場合は、ループを大きめにしておいたほうが通しやすいのでおすすめです。

始めてやりましたが、ビミニツイストは簡単ですし、PRノットやFGノットで連結するよりは圧倒的に簡単で明らかに楽でした。

PEラインの連結はこれですね♪

そして、連結したあと、リールからリールにラインを移すのですが、以前ご紹介した「糸巻き革命」を作っておくと大変便利です♪

リールを固定出来て「ラインの巻き替え」超楽チン!3分で作れる「糸巻き革命」の作り方

リールを固定できるので、人に「リールをちょっと持ってて」がなくなりますし、好きな場所でラインの巻き変えが出来ます♪

今回も、使い古した400mをに移し替えて、空スプールに巻き変えることなく、一人で簡単に逆巻き(裏巻き)することが出来ました♪

移し替えてしまって、空っぽになったリールには新しいPEラインを巻き取ります。

「糸巻き革命」に、ラインリサイクラーを取り付けることで、好きな場所で、リールをロッドに取り付けることなくライン巻が可能です。

PE0.8号は鯛ラバ、SLJ、タラジギング、タチウオジギング、イカメタルなど多用するので

好きな長さで使える、大容量の連結タイプを最近好んで使っています♪

サンラインのシグロンX8の0.8号を使ってみましたが、SLJや鯛ラバでブリや85cmの大鯛も掛かりましたが、問題なくなかなかおすすめです♪

糸巻き革命を作った時に、連結タイプなどですとラインがボビンの角に当たることがありますので、リサイクラーをラインが当たらないように少しだけ位置をずらすか、少しだけ斜めに向きを変えるのがおすすめです♪

糸巻き革命、大変好評を頂いていまして、

一つ、糸巻き革命を作られた方から、再びご注文があり、もう2台糸巻き革命を作られて、釣り友達にプレゼントされるそうです♪

しかもリサイクラーとPEライン付き!こんな嬉しいプレゼントはないですね♪

S様ありがとうございます!

最後に5つめのしょうもないテクニックですが、最近リールに糸巻き量を書いたシールを貼るの目立って嫌なので

「リールにラインを巻き取るたびにスマホで写真を撮って剥がす」ようにしています。

写真には日付も残りますし、「新品」や「裏巻き済」なども書いておくととても便利です♪

あとでスマホの写真を確認すれば、リールの糸巻き状態が確認できるのでおすすめです♪

以上、PE同士の連結方法や、PEラインの効率の良い逆巻きなど、PEラインのお得な再利用方法まとめでした。

糸巻き革命は、特に便利ですので、よろしければ作ってみてださい♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索