ラインシステム(FGノットやPRノット)は「急激な衝撃」に耐えられるのか実験してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1583232243487.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、ノットに衝撃を与えたとき、シングルのノットとダブルのノットでは差が出るのかどうかを実験しました。

いろいろな条件を組み合わせてまた実験してみようと思ったのですが、1つだけどうしても気になることがあります。

それはFGノットやPRノットなど、PEラインとショックリーダーを繋ぐラインシステムに衝撃を与えても大丈夫か!?ということです。

結構大事なことですので、次はFGノットとPRノットの耐衝撃実験を行ってみました。

ショックリーダーとの繋ぎ目はショックに耐えられる!?

wp-1583232243498.jpg

今回は、ショックリーダーとPEラインを結ぶラインシステムの耐衝撃実験ですので、2種類のノットを用意します。

1つは最も使っている人が多いFGノットです。

そしてもう1つは、安定して100%の強度が出るPRノット、いわゆるボビンノットです。

私も釣りに行くときは、この2つのどちらかを利用しています。

それらのノットに衝撃を加えるとどうなるのか、気になったので実験してみることにしました。

特にFGノットは、ライン同士がクロスしている部分があるので気になります。

どちらもPE2号とフロロカーボン8号の組み合わせで、焼きコブなしで、ハーフヒッチでの仮止めだけで実験しました。

wp-1583232243510.jpg

前回に引き続き、3㎏のウエイトを約10㎝幅でジャークして衝撃を与える実験をします。

ちなみにですが、針先についているのは事故防止の為のキャップです。

読者の方に、危ないよと教えていただきましたので、今回からつけることにしました。ありがとうございます♪

リングとリーダーの結束は、がっちり100%で結べるイモムシノットで結び、リーダーの長さを揃えるようにしました。

簡単にまとめると

  • リングは打ち抜きで研磨無しのアシストフック用リング
  • イモムシノットで結ぶ
  • 3㎏のウエイト
  • 約10㎝幅でジャークして衝撃を与える。
  • 竿は使わず、ラインブレイカーで持ち上げる
  • FGノットとPRノットを比較する。

という内容の実験をしてみました。

ラインシステムに衝撃実験の結果は?

wp-1583232243506.jpg

結論から言ってしまうと、どちらも大丈夫でした。

60回ほど繰り返し衝撃を与えたところで、どちらもそのうちイモムシノット、つまりアシストフックのリング部の接点で切断されてしまいました。

PEラインとリーダーの接続部で切れることは一度もありませんでした。

切れた後のノット部を観察してみても、ノットがズレたりしている様子はありませんでした。

※末端を仮止めににしかしていないので、その部分だけほつれました。

ロッドでの吸収やドラグでのセーフティが無い状態での実験ですが、ラインそのものにクッション性があるので大丈夫なのかもしれませんね♪

wp-1583232243502.jpg

一方ですが、金属リングとの結束部で破断してしまうという結果になりました。

ノットを直線的に引っ張ったときの強度は、100%のノットですが、やはり衝撃を与えると金属パーツと擦れて傷がつくようです。

切れたラインを観察すると、細かなキズが入っていたりラインが白く濁っていたりします。

リングは打ち抜きの研磨無しのものを使っていますので、リング次第で結果が変わるとすればまた一つカンペキなシステムに近づくと思います。

チューブで接合部を保護するのもやはり一つの手なのかもしれません。

なんと!イモムシノットの135%強度!? 誰でも簡単に結べる「最強のチューブノット」完成!

衝撃実験は、けっこう時間がかかる実験ですので、また時間があるときに追加実験して報告したいと思います♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索