機械不要!? 700円から手軽に真空パックできる噂のアイテムを釣った魚で使ってみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1877[1]

おはようございます、しょうへいです。

真空パックで真空保存というと、ちょっとした憧れがありました。

専用の機械を買うと良いお値段だし、すぐに使わなくなるだろうなぁ~と思っていましたが、700円から機械なしで気軽に真空パックを作ることができるアイテムがあるそうです。

釣った魚を真空保存出来るのか?試しに購入してみましたのでレポートしたいと思います。

手動ポンプ付きで700円!?手軽に真空パック出来る便利なアイテム

DSCF1862[1]

購入したのはこちら「貝印の真空ポンプ&専用保存袋スターターキット」です。

大体、700円前後で購入できて、Amazon会員なら、送料税込みで697円で購入できるようです。

DSCF1865[1]

中には「真空状態を作るためのポンプ」と「専用の真空保存袋が6枚(S3枚+M3枚)」が、入っていました。

真空パック少ないな!と思ったら、ポンプなしの真空パックだけのものも販売されているようです。

Sサイズ10枚セットでこのぐらいの価格のようです。

DSCF1864[1]

付属しているポンプは手動式で、特殊なバルブのお陰で真空を作ることが出来るようです。

難しい操作もなく、袋に食材をつめたらポンプで吸い出すだけの簡単操作です。

DSCF1867[1]

さっそく、釣ってきた「ケンサキイカ」を真空保存したいと思います♪

イカはワタとゲゾを取り除いてあります。

袋の中に凸凹の「エンボス加工」がされていて、これが手動ポンプで脱気できる秘密のようです。

DSCF1869[1]

バルブ部分にポンプを押し当てて脱気します。

1回で抜けるというわけではなく、3,4回ほどポンプしてやることで袋が食材が密着していきます。

DSCF1873[1]

ぴっちり!と真空パックにすることができました♪

これは便利ですね!かなり手軽に真空パックができるのは嬉しいですね。

DSCF1875[1]

せっかくですので、他の食材もやって見たいと思います。

こちらは、スーパーで買ってきたシャケの切り身ですが、こちらもバッチリ真空パックされました。

私は、青物などを釣ったときは切り身にして少しずつ食べたりしますが、そういうときにも良さそうです。

DSCF1877[1]

少し厚みがあるものもやってみようと思いましたので、レンコ鯛を丸干ししたものもやってみました。

魚の形にちゃんと密着して真空パックできました、手動ポンプでここまでできるならけっこうスゴイかも!?

※ヒレが袋に穴をあける可能性があるので、ヒレは切り落としたほうがよさそうです。

DSCF1870[1]

こちらのバルブが重要で、こちらが破損した状態だと機能しなくなってしまうようです。

それまでは繰り替えし洗って使えるようですが、ここのパーツはちょっとデリケートのようです。

700円ぐらいでお手軽に真空パックをお試しできるので、試しにやってみたい!という方にはおススメです。

ポンプ付きのスターターキットは人気ですぐに売り切れてしまうようです。

よく似た商品も販売されていて、こちらは少しだけ高いですが、真空パックが2倍の12枚、大きめの袋(大)が付属していますので、大きな魚の切り身を入れたい場合はこちらのほうが良さそうですね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索