鯛ラバヘッドを「糸を切らずに」5秒でチェンジ!? YAMASHITA(ヤマシタ)「鯛歌舞楽」

Pocket
LINEで送る

img_it1em01[1]

おはようございます、しょうへいです。

ここ最近、タイラバにハマっています。面白いですね~。

ただ巻くだけだけではない奥深さ、そして鯛がラバーに噛み付くときのドキドキ感じが面白くてハマっています。

そんなタイラバですが、常々悩んでいることがありまして、潮や状況に合わせてヘッドを変えたいのに、いちいちリーダーを切らなきゃいけないことです。

リーダーを切らなくてもヘッドが交換できるスグレモノを発見しましたので、皆様ご存知かもしれませんが、改めでご紹介いたします。

「鯛歌舞楽」は5秒でヘッド交換できる!?

4[1]

私の地元はドテラ流しが主流なので、船がどっちを向いているかという状況や、風の向きが変わったりするとヘッドを交換したくなります。

もう一つ重いほうがよかったな~とか、もう一つ軽くしたい、というときですね。

また、隣の人が自分と違う色で釣れているときは、すぐにマネして交換したくなります(笑)

そんなとき、たいていのタイラバはヘッドを交換するときにリーダーを切って結びなおす必要があります。

揺れる船の上でハサミを探して、タイラバヘッドを探して、糸を通しなおして、そして結んで・・・・・・と結構な手間です。

その度にリーダーがどんどん短くなっていくのもナンダカナーと思っていました。

YAMASHITA「鯛歌舞楽」はなんと5秒でヘッドを交換することができます。

img1_item02[1]

ヘッドそのものと、リーダーを通すパーツが別になっているので、ヘッド”だけ”を交換することが簡単にできます。

両側に見やすくサイズが書かれていたり、硬く食いこんでしまってもプライヤーで外せるように穴があいているのも良いですね、

特に初心者はヘッドの交換でもたつくと時合いを逃してしまったり船酔いしてしまうので、良いかもしれません♪

手返しがよくなることは釣果にも繋がります。

45g、60g、80g、100g、120g、150gがラインナップされているので一つウエイトを替えたい、というときに便利そうです。

さらにヘッドが外れるということは、例えばジギングのサブとしてタイラバを持ち込み、タイラバをやらない時や、移動時にヘッドを外しておけるということになります。

タイラバロッドはオフショアロッドの中でもどちらかといえば細くて繊細なほうです。

揺れてヘッドが暴れて竿を破損させたり、ジグなどに絡まってしまうことを防げます。

img_item01[1]

ラバーのほうも、YAMASHITAのお家芸ともいえるタコベイト型なのに注目したいですね。

足の先端が波状になっていて、真鯛の好む波動をうみだしてくれるそうです♪

タイラバでタコベイトが付いている製品は確かに珍しいです!!

そんなYAMASHITA 鯛歌舞楽、タイラバに興味があるけど、ヘッドとかスカートの交換が面倒で・・・・・・という方には嬉しい製品ですね。

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動