PEも意外と伸びる!? ラインが出た時の「フッキング力の差」を実験してみた

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1639[1]

おはようございます、しょうへいです。

昨日はジギングに行っていました、厳しい日なのにフッキングミスからのバラシをやらかしてしまいました、悔しいですよね・・・・・・。

そういえばですが、PEラインも実は伸び率があります、フッキングの力って以外に伝わない!?

という話を聞いたことはありますが、実際どのくらい伝わらないのか実験したことはなかったので、ちょっと実験してみました。

ラインが出れば出るほどフッキングしにくい!?

DSCF1625[1]

ハマチちゃんです、先ほど釣れたばかりのハマチです。このハマチちゃんに実験に協力してもらいます。

(もちろん、このあとこのハマチは美味しく頂きますよ)

会長が使っていたジギングタックルをそのまま使い、口にフックを掛けます。

DSCF1632[1]

そのまま会長には100m離れてもらい、おもいっきりフッキングしてもらいます。

ちゃんとフッキング力が伝わっていれば、フックはハマチの上顎に深くささるはずです。

PEラインは3号、リーダーは50lb、いたって普通のジギングタックルです。

ショックリーダーは短くなっていて1ヒロ半ぐらいでした。

ハマチは私が手でがっちり握っています。

DSCF1639[1]

おりゃー!と思いっきりフッキングしてもらいましたが・・・・・・。

なんとハマチの口にフックはかかりません。

私の手にもポヨヨンと伝わるだけで、ハマチをひったくることがなければ、フッキングすることもありませんでした。

メーカーや編み方にもよりますが、PEラインも3~5%、多くて7%ほどの伸び率があるそうです。

5%で見積もったとして、100m出れば5mも伸びることになります、これってすごいですよね。

実際にジギングでフッキングをするときは、巻きながらアワセる必要がありそうですし、なにより針先の鋭さがいかに大切かということがわかります。

DSCF1642[1]

50mまで近づいてもう一度同じ実験をしてもらいました。

DSCF1644[1]

こんどはちゃんと上あごにフッキングしていますね。

50mであれば、ちゃんとフッキング力が伝わるようです。

とはいえ、やっぱりハマチを握っていた私の手からハマチをひったくるほどではありませんした。

100mではポヨヨンといった感じの衝撃でしたが、50mではグイって感じでした。

もちろんですが、このハマチちゃんは美味しく頂きました♪

ラインが伸びてしまうことでフッキングが決まらないということになりますが、逆に伸びることでバレを防止しているという部分もあります。

PEラインは4本撚りと8本撚りで伸び率が違うこともあります。

メーカーの製法によっても伸び率が変わってきます。

ラインを多めに出すような深場のジギングのときは、伸び率からラインを選ぶということも必要ですね♪

ジギング魂オリジナル フック用「防錆袋」
↓↓好評発売中です↓↓紹介記事はこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索