FGノットを「ダブルライン」で作ると強くなる? 強度実験してみた!

wp-1544774754545..jpg

おはようございます、しょうへいです。

ノットの強度テストのリクエストを頂きました。

ジギングのラインシステムの定番といえば、FGノットですが、

「ダブルラインでFGノット」をすると強くなるのでしょうか!?

とのことです。

確かにFGノットはPEの側が切れます。ダブルラインにすることで・・・!?

いったいどうなるのでしょうか!?

Read more

強くてコンパクトなのはドレだ!? 強いラインシステム「結び目サイズ」対決!

wp-1543908086301..jpg

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂でこれまでにさまざまなノット(ラインシステム)の検証を行ってきました。その中で結束強度100%に達するものもいくつかありました。

仲間とノットの話しをしていたとき、ノットのサイズの話になりました。

ノットが小さければ小さいほど、ガイド抜けがよくなり、キャストの飛距離も伸びますし、トラブルも減るかもしれません。

これまでに試したラインシステムで強かったものを再度結んでみて、結び目のサイズの対決をしてみました。

Read more

えっ?そんなやり方も!? PEラインに出来る「エアノット」の解き方まとめ

おはようございます、しょへいです。

ライントラブルでたまに起きるのが、いわゆる「エアノット」(結び玉)です。

リーダーの近くでできてしまう分には直しようがまだあるのですが、メインラインの真ん中で起きていることがあります。

なんらかの原因でスプール内かガイド付近でテンションが抜けて、ラインについていたヨリが戻ることで起きるのではないのかと、なんとなく考えていますが、それはともかく出来てしまったら直したいのが過失でできた結び目です。

いくつか直し方を聞いたり調べたりたので、実際に試してみました。

Read more

PEライン同士を繋ぐ場合に「SCノット」だと簡単で強いのかやってみた!

wp-1538725172094..jpg

おはようございます、しょうへいです。

過去に、いろいろな結び方でPEライン同士を結束して強度を測ってみたことがあります。

いろいろ試行錯誤をしつつ、PRノット+ビミニツイストで100%近い結束を達成していますが、PRノットは道具も入りますし、ちょっと結ぶのが大変です。

同じ摩擦系ノットで強度100%を達成しているSCノットではどうなのか!?というリクエストをいただきました。

SCノットなら道具もいりませんし、簡単に結べそうです。早速実験してみました!

Read more

PEラインとリーダーの結び方 | 結束強度最強ランキング BEST27 2018改訂版

DSC_7401

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂ではラインシステム(PEラインとリーダーの結び方)の強度テストを行ってきました。

よく、ノットテストのリクエストをFacebookなどで頂くのですが、沢山テストをしすぎて、テストしたことのあるノットなのか、まだテストしたことのないノットなのか、自分でも曖昧になってきてしまいました(笑)。

今日は、特集ページとして「リーダーとPEライン」の結束、つまりラインシステムの強度をランキングにしてまとめてみました♪

【2018年10月2日追記】

今年になってから、更に色々なラインシステムの強度テストをしました。

その中で100%を達成したノットや、FGノットを改良して95%になったものもありましたので、改めてまとめ直しました♪

Read more

マジか!FGノットの結束部に「UVレジン」を塗ったら強度がかなりアップしたぞ!

wp-1537948228843..jpg

おはようございます、しょうへいです。

リクエストを頂きました。

先日、アシストフックの補強などでオススメしている紫外線硬化樹脂(UVレジン)ですが、これをFGノット等のノットの結束部に塗ったら強化できるのか!?という内容でした。

過去に、瞬間接着剤は試してみましたが、PEラインの性能が低下しますし、強度はアップしなかったのであまり意味がないという結果に終わりました。

https://jigging-soul.com/2877

UVレジンの場合、PEラインへのダメージはなさそうですが、強度アップするのでしょうか?さっそく実験してみました。

Read more

ブラッドノット改良「2ターンブラッドノット」の強度テスト

wp-1537778131265..jpg

おはようございます、しょうへいです。

ボートシーバスなどの展開の速い釣りをしていると、どうしてもラインを素早く結びなおしたくなることがあります。

そこで、なるべく早く結べて、なるべく強くて、なるべく簡単な結びを探していたりしています。

ブラッドノットという古くから使われているけっこう優秀なノットがあるのですが、その改良版であるノットがあると教えていただきました。

すっぽ抜けなくて強度があるというウワサですが、実際はどうなのか試してみました。

Read more

リーダーが太くなるとノットの強度は弱くなる!? 謎を追いかけてみた!

wp-1537254406735..jpg

おはようございます、しょうへいです。

ジギング魂ではこれまでにいろんなノットのテストを行ってきました。

そんな中で、「細糸に向いているけど太糸には向いていないノット」が生まれるのはどうしてだろう? とずっと疑問に思っていました。

会長と電話で釣り談義をしていたときも「170lbのリーダーにPE8号(121lb)でFGノット組んでも35kgくらいにしかなっていない」という話をしていました。

170ポンドといえば約70kgくらい、PE8号(121lb)は54kgあります。

35kgだとPEの強度に対して64%しか出ていません。35kgもあれば十分だとは思いますが、FGノットはPEラインに対して80%以上の強度が出るノットです。

もしかして、太いショックリーダーと細いショックリーダーでは同じノットでも強度は違っているのではないか?ということで実験をしてみました。

Read more

エンドノット vs エンディングノット | ハーフヒッチ終端処理の強度対決やってみた!

wp-1536908713550..jpg

おはようございます、しょうへいです。

以前、ノットの終端処理の方法で強度が変わるのかというリクエストを頂きました。

終端処理とは、PEラインとリーダーを結束したとき、余ったPEの端糸を始末するときの結び方です。

ハーフヒッチを繰り返し、最後に2回巻きのハーフヒッチで終える「エンドノット」と、もうちょっと複雑に処理をする「エンディングノット」と呼ばれる結び方があります。

この終端処理の結び方で結束にどのような影響があるのか、対決して調べてみました。

Read more

ボビンを使わず100%強度の摩擦系ノット!?「HMノット2」の結び方のコツ

wp-1536740707010..jpg

おはようございます、しょうへいです。

PEラインとリーダーを結束するとき、やはり摩擦系のノットが安定した耐力を発揮します。

PRノット(ボビンノット)は100%強度を達成しましたが、ボビンを使わずをオモリを使うことで摩擦系ノットが安定して行えるという「HMノット2」とうノットを教えてもらいました。

VARIVASのフィールドテスターである本山博之さんが考案したノットだそうで、頭文字をHMをとってHMノットなのかもしれません。

HMノット2を実際、結んでみて強度を測ってみたところ100%強度を達成しましたが、強度を安定して出すためには結び方にコツがあるようです。

ということでHMノット2の強度を出す結び方のコツをご紹介します。

Read more

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索