初心者にオススメのジギング入門書籍・中上級者向け番外編もあるよ

DSC_8198

おはようございます、しょうへいです。

みなさーん!新生活はどうですかー!

これからオフショアジギングを始めたい!もしくは始めたばっかりという方へ、ヒントとなる書籍をご紹介いたします。

これからジギングを始めようというお友達にも是非紹介してくださいね♪

最後に中・上級者向けの番外編も用意がございますので最後までお付き合いください。

Read more

カラーチェンジだけじゃない!? メタルジグの「油性マジックカスタム」方法いろいろ

おはようございます。会長です。

先日の「シルバー系のジグが好きか?ゴールド系のジグが好きか?」のアンケート、233名もの方にご回答頂きました。ご協力頂いた皆様、ありがとうございます。

結果は、シルバー系のジグが好きな方が170名(73%)、ゴールド系が好きな方が63名(27%)となり、圧倒的にシルバー系メタルジグ好きの方が多かったのですが、シルバー系が好きな方に貴重なご意見を頂きました。

内容は、「シルバー系のメタルジグは油性マジックでカラーチェンジ出来る」との事です。

確かに!

現場で油性マジックでメタルジグのカラーチェンジしている人は目撃したことあります。

しかし、実際に自分でやったことはありませんので、オススメ頂いた油性マジック「マッキー」を買って来て、ちょっとやってみました。

カラーチェンジ以外にも、色々なカスタム方法を思いつきましたので紹介します。

Read more

メジャークラフト「Jigpara Vertical IKANAGO(イカナゴ)モデル」の使い方

おはようございます。会長です。

日本海ではイカナゴ(コウナゴ)を捕食する、シーバスや青物をターゲットとしたイカナゴパターン(コウナゴパターン)と呼ばれるライトジギングが最盛期です。

シーバスや青物以外にもヒラメや根魚、真鯛など多彩な魚が狙える為、近年人気急上昇の釣りです。

先日、メジャークラフトから発売されたばかりのイカナゴパターンに最適のメタルジグ「Jigpara Vertical(ジグパラバーチカル)IKANAGO(イカナゴ)モデル」を使った実釣動画が、三重テレビ放送のルアーフィッシング番組「ルアー合衆国」で、昨日放送されました。

使い方がとてもわかり易かったので紹介します。

Read more

ロッドケースや釣り竿を「電車に持ち込む」時のコツ

おはようございます。会長です。

現在、ヒラマサの聖地「対馬」に居ますが、初日は大シケで沖に出られませんでした。

今日は出られそうなので、デカマサ狙いで頑張ります。

さて、いつもは対馬に来る時に、ロッドケースを事前に宅急便で送っていたのですが、今回、福岡までの山陽新幹線に、ロッドケースを持ち込んでみました。

電車の中に、ロッドケースを置く場所があるか心配でしたが、無事ロッドケースを持込して福岡まで到着できました。

ロッドケースを持ち込む際に、ちょっとしたコツを発見しましたので、お伝えします。

Read more

青物やシーバスに! Daiwa「VSジグ」の使い方・アクション

おはようございます♪会長です。

私達のホームグラウンド、福井県の三国沖は真鯛ジギングの最盛期ですが、本日シケのため釣りに出れません(泣)

家で、釣りの動画でもみて、釣りに行った気分になってます。。。

先ほど見ていた釣り番組「ルアー合衆国」さんの「VSジグで狙う敦賀沖の五目ジギング」で、Daiwaから4月に発売されたばかりの「VSジグ」のアクションや使い方が分かりやすく紹介され、とても勉強になりましたので紹介したいと思います。

Read more

インド人もビックリ!「ポンド(lb)からキログラム(kg)の単位換算」を簡単に計算する方法

lb(ポンド)からkg(キログラム)単位換算

ナマステ〜! 

一番好きな食べものは「辛いカレー」、一番嫌いな食べ物は「甘いカレー」の会長です!

突然ですが、

50lb(ポンド)って何kgですか?

すぐに答えれる貴方!

さようなら!

今日は、ジギングで一番使う単位のポンド(lb)を、キログラム(kg)に簡単に単位換算する方法をお伝えします。

ちなみに、インド式ではなく、会長式ですので、簡単ですよ♪

Read more

ジギングで使う「ラインの交換時期の目安」をまとめてみた

こんにちは、しょへいです。

皆さん、ご存知だとは思いますが、ジギングで使う、PEラインやショックリーダーは消耗品で、定期的に交換が必要です。

交換時期はどのくらいが良いのでしょうか?

ラインごとに交換時期の目安をまとめてみました。

注意 初心者向きな情報です。上級者の方には当たり前のような情報も含まれます。

Read more

アシストフック考察①「太軸フック」と「細軸フック」のメリット・デメリットまとめ

おはようございます。会長です。

実は、再来週に関東の方へ「イシナギ」を狙いに行くことになりました。

ヤリイカの泳がせの仕立てなのですが、ジギングをしてもいいとのことで、スロージギングで挑戦しようと思っているます。

イシナギは、大きいものだと50kgを超えるらしく、細軸のフックではちょっと心配ですので、がまかつから出ているスロージギング用の太軸フック「鎌鼬ヘビー」を注文してきました。

ただ「細軸フックでは曲がらないか心配」という理由だけで、太軸フックにするのもなんなので、細軸フックと太軸フックのメリットとデメリットをまとめてみました。

Read more