1分で超簡単に作れる!? メタルジグに付ける「タコベイトフック(パニックベイト)」の作り方

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1519371495857..jpg

おはようございます、しょうへいです。

前回、インチクの作り方という記事を書きました、今回は応用でタコベイト付きのアシストフックを作ってみます。

タコベイトフックやパニックベイトなどと呼ばれているフックですが、

タチウオや大型の根魚、マダイなどを狙うときに使われることがあります。

超カンタンな方法がありますのでご紹介したいと思います♪

ポン付けでできちゃう!?タコベイト付きアシストフック

 wp-1519372216546..jpg

用意するものは、ツインになっているアシストフックと、ローリングサルカン、そしてタコベイトです。

小型のプライヤーがあるとより作りやすいです(写真は大型のものを使っていますが)。

wp-1519371495875..jpg

まずはツインフックをローリングサルカンに接続します。

もうお分かりでしょうか・・・・・・。

wp-1519371495803..jpg

タコベイトの先端から小さいプライヤーを挿入して、先ほど作ったフックを掴みます。

今回使っているタコベイトであるスーパータコベイトは素材が柔らかいので多少の無理は可能です。

wp-1519371495909..jpg

ベアリング側のソリッドリングが頭からでるようにすれば、もう完成です。

ポン付けでできちゃいました♪

めちゃくちゃカンタンです。

wp-1519371495893..jpg

ローリングスイベルとスプリットリングを使っているので金属パーツが多くなってしまうと思われましたが、

タコベイトの胴体内にすっぽり収まってしまいます。

逆に言えば、ローリングスイベルとスプリットリングでタコベイトを固定しているとも言えます。

また、ローリングスイベルを使っているので、もちろん回転します。フォール中のヨレなどを軽減してくれると期待します。

wp-1519371495857..jpg

カンタンにタコベイト付きのアシストフックが出来てしまいました。

ジグをトレーラーに底を叩いたり、早巻きでインチクのように使うことができます。

またもちろんタコベイトはかなりの抵抗になります。フォールの仕方がかわりますので、いろいろ試してみるのもおもしろいですね。

世の中には色んなタコベイトがありますので、好みの形状などいろいろ試してみるのも楽しいです。

wp-1519371495925..jpg

トレーラーを誘導式のタイラバにするのもアリです。

青物などにも効果があるらしいですね。

タコベイトは日本で生まれた漁具から派生したアイテムです。

れっきとした疑似餌ですので、なにかもう一手というときに試してみると思わぬ釣果が得られるときもあります。

今回使ったタコベイトはニッコー化成のスーパータコベイトの4.5インチです。とても作りやすいのでオススメですよ♪

 

ルアーバンク

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動